瀬谷区版 掲載号:2014年7月31日号 エリアトップへ

全日本プロレスの運営会社、オールジャパン・プロレスリング(株)を発足させた 秋山 潤さん 川崎市宮前区在住 44歳

掲載号:2014年7月31日号

  • LINE
  • hatena

「王道」継ぎ、次世代導く

 ○…慣れ親しんだ青葉区美しが丘西の合宿所を新拠点に、7月から社長として「全日」再建の道へ。全日本プロレスの創設者で恩師のジャイアント馬場さんが守り続けてきた「王道」の継承者に名乗りを上げた。「お金の面では不安だらけだが、誠実にやっていくのみ」。経営者の目で前を向く。

 ○…出身は大阪府。柔道部だった高校時代、レスリングの府大会に助っ人で出場し、決勝で敗れた。「あの負けが本当に悔しくて」。専修大学レスリング部では主将を務め、就職後は社会人として競技を続ける予定だったが、転機が訪れる。馬場さんとの突然の出会いと、「何も心配せんでいいから来い」の一言に「自分の可能性に懸けよう」と決心。ファンだったジャンボ鶴田さんの付き人として、プロレス人生をスタートさせた。

 ○…「若い選手やその家族に、華やかだったかつてのプロレスをもう一度味わってほしい」と切望する。娘が生まれたとき、当時社長だった馬場さんに娘を抱いてもらった。「この子をずっと笑顔にさせないとあかんよ。俺もだけどな」。その言葉に、リーダーとして守るべき仲間や家族の重みを垣間見た。今後は自分がその重責を背負う立場だ。選手や家族を支えられる安定した運営のためにも、ファンに喜んでもらえるプロレスが求められている。目指すのは「魅せる」プロレスだ。自分の技を観客に見せるだけでなく、攻撃に対してきれいに受け身をとることで、相手の技を美しく引き立てることができる。「馬場さんが大切にしていた信念」。原点回帰を誓う。

 ○…今も選手として年間約100試合をこなす一方、経営活動に奔走する毎日。家族と過ごす時間は大切なひとときだ。不安なときは妻が「大丈夫」と背中を押してくれる。練習場では子ども向けレスリング教室を開講するなど、地域交流にも余念がない。恩返しのため、ファンや選手、家族の笑顔があふれる理想のプロレスを追求していく。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

小泉 信義さん

瀬谷図書館の館長を務める

小泉 信義さん

旭区在住 60歳

6月17日号

増田 江利子さん

地域の高齢者が集う「そよ風サロン」の代表

増田 江利子さん

阿久和南在住 70歳

6月10日号

森 千佳さん

森のおさんぽ会を開く「TEAMドルフィン」の代表

森 千佳さん

相沢在住 47歳

6月3日号

松清 武夫さん

瀬谷区シニアクラブ連合会の会長に就任した

松清 武夫さん

本郷在住 80歳

5月27日号

安平 博さん

瀬谷消防署の署長に就任した

安平 博さん

二ツ橋町在勤 57歳

5月20日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter