瀬谷区版 掲載号:2014年11月13日号 エリアトップへ

プロ野球ドラフト会議でオリックス・バファローズから2位指名を受けた 宗 佑磨さん 横浜隼人高校3年生 18歳

掲載号:2014年11月13日号

  • LINE
  • hatena

感謝を胸に 一歩踏み出す

 ○…「ほっとした気持ちはあったけど、びっくりした方が大きかったです」。身体能力に秀でた俊足好打の遊撃手として、オリックスから2位指名を受けた。地元の選手のみで戦う同校野球部にとっても、10年ぶり2人目のドラフト指名。祝福の連絡は約300件あり、ドラフトの翌日登校すると、黒板には「宗君おめでとう」のメッセージが。周囲の祝福に「すごく嬉しかった」と笑顔を見せる。

 ○…関西から東京に引っ越した小3まではサッカー少年だった。しかし、「新しい学校にサッカー部がなくて。友達が野球部で、体験に行ったらすごい楽しかった」と、白球を追いかける日々が始まった。鎌倉に移り、玉縄中時代は軟式野球部に所属。投手や内野手でプレーするも、大舞台には縁がなかった。「甲子園で、笑顔でプレーする隼人を見て楽しそうだなと思ってた」と横浜隼人高校に進学。当初、人数の多さなどに戸惑ったが、1年秋にはレギュラーに。今夏の大会では膝の故障を抱えながらも、ベスト4入りに貢献した。

 ○…3学年で約150人が所属する硬式野球部。「団結力が強くてみんな仲がいい」。プレー中も絶えずお互いに声を掛けあう。着替えや食事の時間には、「他愛ない話がすごく盛り上がったりして。それで怒られたりもするんですけど」と高校生らしい一面も。恋愛に関しても「そもそもできないですし、禁止されているので。あんまり考えたことないです」とはにかむ。

 ○…父はギニア出身。幼少時に両親が離婚し、母一人、子一人の二人三脚で歩んできた。来年からは母の元を離れ関西での生活となるが「昔住んでいたので。関西弁は忘れちゃいましたけど」と不安はない。「先のことはあまり考えずに、目の前のこと、自分のできることをしっかり集中してやりたい」と、性格そのままに謙虚な姿勢を崩さない。「お金は母に渡します」。母への、周囲への感謝を胸に新たな一歩を踏み出す。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

中区在勤 36歳

3月12日号

志駕 晃(しがあきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕 晃(しがあきら)さん

横浜市在住 57歳

3月5日号

小澤 操さん

横浜瀬谷ロータリークラブの50周年記念事業実行委員長を務める

小澤 操さん

北新在住 65歳

2月27日号

石田 七瀬さん

瀬谷区薬剤師会の会長を務める

石田 七瀬さん

瀬谷在勤 63歳

2月13日号

那須 健二さん

(一社)横浜相撲甚句会の会長を務める

那須 健二さん

保土ケ谷区在住 79歳

2月6日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク