瀬谷区版 掲載号:2015年5月28日号 エリアトップへ

6月2日から中区の県民共済ギャラリーで水彩画展を開く 中村 博之さん 泉区新橋町在住 69歳

掲載号:2015年5月28日号

  • LINE
  • hatena

花は生きるエネルギー

 ○…60歳の誕生日に定年退職し、真っ先に頭に浮かんだのは「絵を描きたい」という欲求だった。たまたま新聞で近所のカルチャーセンターに植物画の講座が開講することを知り、お試しのつもりで受講。以来、植物や花とじっくり向き合うことのできる時間を楽しんでいる。古希を迎えるまでに3回位は開催したいと考えていた水彩画展。今回が目標だった3回目。花から日々、元気をもらっているといい、80歳への坂を上るエネルギーも満点だ。

 ○…公務員として働く傍ら、定時制高校と夜間大学に通った若き日々。自宅、職場、学校を行き来する毎日は楽ではなかった。それでも、何時になろうとも寝ずに、夕飯の支度をして待ってくれていた母の姿が自分を奮い立たせた。絵に興味を持ち始めたのはその頃。仲間に誘われ絵画展や美術館に足を運び、いつしか独学で油絵を描き始めた。やり始めたら何事にも熱中する性分。キャンバスに向かい始め、気づけば明け方ということもしばしばだった。

 ○…29歳の頃、大病を患い入院。医師に「会っておきたい人を呼ぶように」と告げられるほど危険な状態だったが、何とか一命をとりとめた。その後結婚。以来、絵に対する気持ちは封印し、リハビリに励んだ。元の体に戻るのに5年かかったが、健康を見つめ直す機会にもなった。元々、小・中は野球少年で、スキーも得意のアウトドア派。子どもが生まれてからは、元気な身体で野球に外遊びにといつも一緒に駆け回った。

 ○…会場探しから搬入、展示に至るまですべて手づくりの作品展。一点一点には、絵とともにその時の想いを綴った文章が添えられ、歳を重ねてもなお、明るい未来があると信じる作者の強さと優しさが滲む。そんな作品の一番のファンは職場結婚だった奥さん。いつも隣で支えてくれることに「感謝してもしきれない」と見つめるその人こそ、29歳のあの日、自身がもっとも会いたかった人である。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

内田 隆雄さん

七夕灯篭祭りや見守り合いの集いに飾る灯篭を発案した

内田 隆雄さん

阿久和東在住 83歳

11月25日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月18日号

川尻 杏子さん

絵本「ぼくはチョココロネやさん」の絵を手がけた

川尻 杏子さん

阿久和東在住 44歳

11月11日号

伊藤 樹(たつき)さん

全国でフリースタイルフットボールのパフォーマンスを披露する

伊藤 樹(たつき)さん

下瀬谷在住 22歳

11月4日号

悠木 真湖さん(本名:加治真知子さん)

歌手生活15年を迎え、11月3日に瀬谷公会堂で「うた秋まつり」を開く

悠木 真湖さん(本名:加治真知子さん)

三ツ境在住

10月28日号

宮崎 和之さん

瀬谷区美術協会の初代会長を務める

宮崎 和之さん

橋戸在住 55歳

10月21日号

あっとほーむデスク

  • 11月25日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook