瀬谷区版 掲載号:2015年5月28日号 エリアトップへ

6月2日から中区の県民共済ギャラリーで水彩画展を開く 中村 博之さん 泉区新橋町在住 69歳

掲載号:2015年5月28日号

  • LINE
  • hatena

花は生きるエネルギー

 ○…60歳の誕生日に定年退職し、真っ先に頭に浮かんだのは「絵を描きたい」という欲求だった。たまたま新聞で近所のカルチャーセンターに植物画の講座が開講することを知り、お試しのつもりで受講。以来、植物や花とじっくり向き合うことのできる時間を楽しんでいる。古希を迎えるまでに3回位は開催したいと考えていた水彩画展。今回が目標だった3回目。花から日々、元気をもらっているといい、80歳への坂を上るエネルギーも満点だ。

 ○…公務員として働く傍ら、定時制高校と夜間大学に通った若き日々。自宅、職場、学校を行き来する毎日は楽ではなかった。それでも、何時になろうとも寝ずに、夕飯の支度をして待ってくれていた母の姿が自分を奮い立たせた。絵に興味を持ち始めたのはその頃。仲間に誘われ絵画展や美術館に足を運び、いつしか独学で油絵を描き始めた。やり始めたら何事にも熱中する性分。キャンバスに向かい始め、気づけば明け方ということもしばしばだった。

 ○…29歳の頃、大病を患い入院。医師に「会っておきたい人を呼ぶように」と告げられるほど危険な状態だったが、何とか一命をとりとめた。その後結婚。以来、絵に対する気持ちは封印し、リハビリに励んだ。元の体に戻るのに5年かかったが、健康を見つめ直す機会にもなった。元々、小・中は野球少年で、スキーも得意のアウトドア派。子どもが生まれてからは、元気な身体で野球に外遊びにといつも一緒に駆け回った。

 ○…会場探しから搬入、展示に至るまですべて手づくりの作品展。一点一点には、絵とともにその時の想いを綴った文章が添えられ、歳を重ねてもなお、明るい未来があると信じる作者の強さと優しさが滲む。そんな作品の一番のファンは職場結婚だった奥さん。いつも隣で支えてくれることに「感謝してもしきれない」と見つめるその人こそ、29歳のあの日、自身がもっとも会いたかった人である。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

岩脇 朋夫さん

開館20周年を迎えた中屋敷地区センターの館長を務める

岩脇 朋夫さん

中屋敷在勤 62歳

10月17日号

菊本 和昭さん

NHK交響楽団で首席トランペット奏者を務める

菊本 和昭さん

旭区在住 38歳

10月10日号

瀬戸 勇さん

「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード」を受賞した横浜市消防局職員

瀬戸 勇さん

瀬谷区在住 40歳

10月3日号

大内 昇さん

瀬谷歯科医師会の会長を務める

大内 昇さん

三ツ境在勤 56歳

9月19日号

畑 武士さん

NPO法人楽竹会(らくちくかい)の理事長を務める

畑 武士さん

宮沢在住 75歳

9月12日号

相原 健一さん

瀬谷保護司会の会長を務める

相原 健一さん

阿久和西在住 65歳

9月5日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月17日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 10月3日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハロウィーンの催し多数

旭区

ハロウィーンの催し多数

テラスで12日からフェスタ

10月12日~10月27日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク