瀬谷区版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

瀬谷警察署と災害時協定を結んだマルチコプタージャパン(株)代表の 大城 智広さん 宮沢在住 30歳

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena

空からの視点で貢献を

 ○…現地で何が起こっているのかを把握することが重要となる、大規模災害時。「空撮を使えば、現場に立ち入れない時でもリアルタイムで状況を確認できる」。ドローンの名で昨年一躍有名になったマルチコプターを扱い、仕事で各地を撮影し始めて約1年半。このほど、瀬谷警察署と災害時支援協定を締結した。「法整備など、やっと環境が整った印象。2016年、これから」と意気込む。

 ○…小学6年生の頃から瀬谷に住み、現在は宮沢に仕事場を構える。「新しいものを作りたい」との思いで神奈川工業高校の電気科に進学。配線や回路図などを学ぶ傍ら、映像編集やHP作成にも熱中。興味の対象が広がっていった。卒業後はテレビ関係の仕事や映像制作会社で働き、現在の仕事につながる基礎を身に着けた。空撮と出合ったのは3年ほど前。「いろいろな撮影をしてきたが、残っているのは空ではないか」と思い立ち、ラジコンの操縦などに詳しい人を訪ねて全国を巡る旅へ。約1年かけ、知識を吸収していった。

 ○…小型無人航空機システム(UAS)を開発・製造しているメーカー「DIJ」が日本法人を設立する際、「教えるのはすごく好きだから」と技術面などの指導を引き受けた。その後、「マルチコプタージャパン」を立ち上げ、2014年4月より事業をスタート。依頼を受ければ各地へ出向き空撮を行う。ドローンを用いた測量で城を3Dデータ化するなど、内容はさまざま。年間500以上のフライト数をこなすため車中泊も。多忙を極めるが、「天職としか言いようがない」と満面の笑みで応える。

 ○…撮影で訪れた地で温泉に浸かるのが至福の時。SNSを通して全国に仲間が増え、話題を共有する楽しさもある。瀬谷は「外に出たから良さに気付けた」。今後は災害時対策で地元への貢献を目指す。「こんな使い方もできると知って欲しい。動きが広がっていけば」と思いを込めた。

瀬谷区版の人物風土記最新6

武井 智紀さん

5月29日に瀬谷公会堂で開かれる区民オペラ「あまんじゃくとうりひこめ」に出演する

武井 智紀さん

本郷在住 29歳

5月19日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月12日号

氏原 菜那さん

10代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

氏原 菜那さん

本郷在住 19歳

5月5日号

藤沢 重利さん

4月1日付で瀬谷スポーツセンターの所長に就任した

藤沢 重利さん

南台在勤 52歳

4月21日号

濱井 正さん

3月22日付で瀬谷警察署長に就任した

濱井 正さん

区内在住 59歳

4月14日号

林 茂さん

4/1に開所した「みんなの広場福福」を運営するNPO法人せやの理事長を務める

林 茂さん

南台在住 83歳

4月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook