瀬谷区版 掲載号:2016年6月23日号 エリアトップへ

男子バレーボールチーム・豊田合成トレフェルサでセッターとして活躍する 内山 正平さん 北新出身 28歳

掲載号:2016年6月23日号

  • LINE
  • hatena

何より必死に、粘り強く

 ○…身長183cm。バレーボール選手の中では決して恵まれた体格ではない。「ポジションがセッターに変わった時も、とにかく練習した。必死にやる、それが一番」と負けず嫌いの一面が覗く。現在所属する愛知県の豊田合成トレフェルサは今年3月、Vリーグで初の頂点に輝いた。昨年12月の天皇杯優勝も自信となり、「気負わずいつも通りできた。満足の結果」。笑顔に充実感を滲ませた。

 ○…サッカー少年がバレーボールに興味を抱いたのは小学4年の頃。母親の「ママさんバレー」に付き添い、「自然とやってみたくなった」。下瀬谷中で男子バレー部に入部するも、既に廃部寸前。周りに声をかけメンバーをかき集めた。「市大会でも全然勝てなかったな」。同じ頃、バレーコーチをしていた父親に連れられ、都内の強豪・東洋高校バレー部の練習を見学。「自分もこんな環境でやりたい。単純に憧れた」

 ○…東洋高校入学後「すぐ打ちのめされた」と語るほど周りはハイレベル。悔しさを糧に練習に励み、2年でレギュラーを射止めた。多忙な日々を支えたのは、ともに同校バレー部員だった双子の弟。途中からサポート側につき、二人三脚で乗り越えてきた。送迎や食事面を気遣ってくれた両親にも「頭が上がらない。続けられたのは家族のおかげ」と感謝する。大学2年の頃、監督の勧めでセッターへ転向。「苦しい選択だった」。それでも持ち前の粘り強さで技術を習得。「すべての点に自分が絡む。どの点が入っても嬉しい」と新たなバレーの魅力に気付いた。

 ○…休日は、2歳の娘と遊ぶのが何よりの楽しみだ。「子どもにも見せてあげたいし、体が続く限り頑張りたい」と意気込む。昨今のバレー人気を「底上げを図るにはやりたい人が増えないと」と語り、「今後は小中学生に教える機会を増やしたい。瀬谷でも出来たら」と地元への思いも。選手として、一人のバレー人として、さらなる飛躍を誓った。

小規模事業者向け無料出張相談

横浜市支援機関の専門家が、電話一本で伺います!☎045-225-3719

https://www.idec.or.jp/index.php

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

都筑区在勤 39歳

1月21日号

馬場 勝己さん

瀬谷さくら小学校の「学援隊」の隊長を務める

馬場 勝己さん

泉区在住 78歳

1月14日号

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月7日号

松下 洋さん

全国での演奏活動やYouTubeでの動画配信などを展開するサックス奏者

松下 洋さん

阿久和東在住 33歳

1月1日号

高橋 トミさん

瀬谷区文化協会が主催した花づくりの体験講座の講師を務めた

高橋 トミさん

三ツ境在住 79歳

12月24日号

宍戸 清信(せいしん)さん

書家「宍戸 煬竹」として活躍する

宍戸 清信(せいしん)さん

下瀬谷在住 70歳

12月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク