瀬谷区版 掲載号:2016年6月23日号 エリアトップへ

男子バレーボールチーム・豊田合成トレフェルサでセッターとして活躍する 内山 正平さん 北新出身 28歳

掲載号:2016年6月23日号

  • LINE
  • hatena

何より必死に、粘り強く

 ○…身長183cm。バレーボール選手の中では決して恵まれた体格ではない。「ポジションがセッターに変わった時も、とにかく練習した。必死にやる、それが一番」と負けず嫌いの一面が覗く。現在所属する愛知県の豊田合成トレフェルサは今年3月、Vリーグで初の頂点に輝いた。昨年12月の天皇杯優勝も自信となり、「気負わずいつも通りできた。満足の結果」。笑顔に充実感を滲ませた。

 ○…サッカー少年がバレーボールに興味を抱いたのは小学4年の頃。母親の「ママさんバレー」に付き添い、「自然とやってみたくなった」。下瀬谷中で男子バレー部に入部するも、既に廃部寸前。周りに声をかけメンバーをかき集めた。「市大会でも全然勝てなかったな」。同じ頃、バレーコーチをしていた父親に連れられ、都内の強豪・東洋高校バレー部の練習を見学。「自分もこんな環境でやりたい。単純に憧れた」

 ○…東洋高校入学後「すぐ打ちのめされた」と語るほど周りはハイレベル。悔しさを糧に練習に励み、2年でレギュラーを射止めた。多忙な日々を支えたのは、ともに同校バレー部員だった双子の弟。途中からサポート側につき、二人三脚で乗り越えてきた。送迎や食事面を気遣ってくれた両親にも「頭が上がらない。続けられたのは家族のおかげ」と感謝する。大学2年の頃、監督の勧めでセッターへ転向。「苦しい選択だった」。それでも持ち前の粘り強さで技術を習得。「すべての点に自分が絡む。どの点が入っても嬉しい」と新たなバレーの魅力に気付いた。

 ○…休日は、2歳の娘と遊ぶのが何よりの楽しみだ。「子どもにも見せてあげたいし、体が続く限り頑張りたい」と意気込む。昨今のバレー人気を「底上げを図るにはやりたい人が増えないと」と語り、「今後は小中学生に教える機会を増やしたい。瀬谷でも出来たら」と地元への思いも。選手として、一人のバレー人として、さらなる飛躍を誓った。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

鈴木 好幸さん

皇室や多くの文化人らに愛される洋食器メーカー(株)大倉陶園の代表取締役を務める

鈴木 好幸さん

南区在住 60歳

5月16日号

西川 浩二さん

4月1日付で瀬谷消防署の署長に就任した

西川 浩二さん

磯子区在住 55歳

4月18日号

田島 充(みつる)さん

3月13日付で瀬谷警察署の署長に着任した

田島 充(みつる)さん

三ツ境在住 56歳

4月4日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

横浜市在住 劇団四季俳優

3月28日号

豊田(とよだ) 久子さん

横浜市体育協会の横浜スポーツ表彰でスポーツ功労賞を受賞した

豊田(とよだ) 久子さん

阿久和東在住 70歳

3月21日号

鈴木 媛女(ひめ)さん

2月の「ベスト・オブ・ミス神奈川」で、ミスユニバーシティ神奈川代表に選ばれた

鈴木 媛女(ひめ)さん

金沢区在住 19歳

3月14日号

高井 滋夫さん

阿久和地区センターの館長を務める

高井 滋夫さん

保土ケ谷区在住 62歳

3月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク