瀬谷区版 掲載号:2016年12月8日号 エリアトップへ

横浜西部工業会会長を務める 遠藤 昇さん 中屋敷在住 72歳

掲載号:2016年12月8日号

  • LINE
  • hatena

活気ある工業会目指し

 ○…瀬谷区・旭区・保土ケ谷区の製造業や建設業などの事業所からなる横浜西部工業会。昨年4月に会長に就任し、2年目を迎えた。現在加入するのは111社。「より会員を増やしたい」と意気込む。瀬谷区役所で2日まで開催していた「瀬谷の工業パネル展」は同会初の試み。「地元にどんな企業があり、何をやっているのか伝えられたら」。地域に拠点を置く立場として、発信を続けていく。

 ○…宮城県登米市出身。仙台市にある工業高校の夜間部に通い、建築を学んだ。「物作りが好きで、建物を作りたい思いがあった」。卒業後、集団就職で上京。父親の紹介で鶴見区の建設会社で働き始め、2級建築士の資格を取得。22歳で入った東京都蒲田の鉄工所は「職人の世界だった」と振り返る。溶接作業は見よう見まね。「出来ないことが悔しく、本を買って勉強した。休憩中も練習したよ」。根気よく続け、25歳で工場長に。27歳で独立し、縁あって瀬谷区に拠点を構えた。

 ○…現在、横浜ステンレス工業株式会社の代表取締役会長を務める。1999年3月末、元々区ごとに分かれていた工業会が3つに統合。「横浜西部工業会」と名を改め、発足当初から瀬谷の担当として奔走。副会長を10年ほど務めた。「会として活動する限り、事業をやらないと」。セミナーや会報作成のほか、研修旅行も事業の一つ。今年は初めて行き先を会員企業の工場と決め、会員らで訪問。実りある旅行となった。任期は残り1年。会員増強など課題は常に頭にある。支部ごとに会合の場を設けることも計画中。若い世代の参加を促すなど「どうしたら発展するか」活気ある工業会のあり方を模索する。

 ○…「3人の孫たちと過ごすことが何よりも楽しみ。癒されるよ」と自然と笑顔に。ギターの演奏や水彩画、釣り、夫婦で週末に行くカラオケなど、楽しみは尽きない。家族との充実した時間を多忙な日々の活力に変え、邁進する。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

関 洋二さん

開業30周年を迎えた横浜アリーナの代表取締役社長を務める

関 洋二さん

新横浜在勤 56歳

6月20日号

志水 隆一さん

瀬谷区PTA連絡協議会の会長に就任した

志水 隆一さん

区内在住 42歳

6月13日号

植松 哲平さん

FMヨコハマの夕方の人気番組「Tresen」のメインDJとして3年目を迎えた

植松 哲平さん

岡山県岡山市出身 39歳

5月23日号

鈴木 好幸さん

皇室や多くの文化人らに愛される洋食器メーカー(株)大倉陶園の代表取締役を務める

鈴木 好幸さん

南区在住 60歳

5月16日号

西川 浩二さん

4月1日付で瀬谷消防署の署長に就任した

西川 浩二さん

磯子区在住 55歳

4月18日号

田島 充(みつる)さん

3月13日付で瀬谷警察署の署長に着任した

田島 充(みつる)さん

三ツ境在住 56歳

4月4日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

横浜市在住 劇団四季俳優

3月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 6月13日0:00更新

  • 5月23日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月27日号

お問い合わせ

外部リンク