瀬谷区版 掲載号:2017年5月25日号
  • LINE
  • hatena

瀬谷センターのロビーコンサートに出演する「BAY★Clarinets(クラリネッツ)」の代表 山本 学子(さとこ)さん 区内瀬谷在住 34歳

音楽の魅力、あらゆる人に

 ○…国立音楽大学の友人らと2011年末に結成したクラリネットのカルテット「BAY★Clarinets」。「誰でも気軽に」をキーワードに、クラシックに限定せず、ジャズ・アニメ・童話・昭和歌謡など「身近な」ラインナップで観客を楽しませる。市内各地の老人ホームや子育て施設で演奏してきたが、瀬谷区での単独コンサートは6月4日のロビコンが初。地元出演に、「地域の人に知ってもらうきっかけになれば」と期待する。

 ○…瀬谷小・瀬谷中の出身。幼い頃からピアノを習い、中学の吹奏楽部でクラリネットと出会う。音大の教授に師事していたこともあり、当時から漠然と音楽家の道を志していた。同部では、東関東のアンサンブルコンテストで金賞を獲得したことも。「皆と一緒に演奏することが、とにかく楽しくて」――。中学時代の体験が、今なお続く音楽の道の原点だという。これまでに国際音楽コンクールで上位入賞するなど活躍。今は父親が営むクリーニング会社で働きながら、市役所でコンサートを開く横浜市民広間演奏会や、若手音楽家が名を連ねる栄区民文化センターの登録アーティストの一員として活動する。

 ○…両親、兄と弟の5人家族。周囲を包み込むような落ち着いた物腰で、ベイクラリネッツでは「聞き役」に回ることが多いそう。メンバーの考えや思いを受け止めながら、全体の調和を図っていく。こうした性格を反映してか、多様な音を奏でられるクラリネットにおいて、柔らかで温もりある音色を得意とする。「どこかフワッとしているんですね」とほほ笑む。

 ○…結成5年が経過し、胸に秘めた目標が1つある。ベイクラリネッツとして、演奏会を主催することだ。これまではロビーが会場だったり、他団体の催しに出演するのみだった。「レパートリーも増えてきました。どこかのホールでコンサートを開けたら嬉しいですね」と柔和な表情で語った。

瀬谷区版の人物風土記最新6件

西川 浩二さん

4月1日付で瀬谷消防署の署長に就任した

西川 浩二さん

4月18日号

田島 充(みつる)さん

3月13日付で瀬谷警察署の署長に着任した

田島 充(みつる)さん

4月4日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

3月28日号

豊田(とよだ) 久子さん

横浜市体育協会の横浜スポーツ表彰でスポーツ功労賞を受賞した

豊田(とよだ) 久子さん

3月21日号

鈴木 媛女(ひめ)さん

2月の「ベスト・オブ・ミス神奈川」で、ミスユニバーシティ神奈川代表に選ばれた

鈴木 媛女(ひめ)さん

3月14日号

高井 滋夫さん

阿久和地区センターの館長を務める

高井 滋夫さん

3月7日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク