瀬谷区版 掲載号:2017年7月27日号
  • googleplus
  • LINE

せや・ガイドの会の会長に就任した 竹見 修二さん 相沢在住 66歳

歴史の醍醐味、伝え続ける

 ○…近隣の名所・旧跡を案内するウォーキングイベントや、瀬谷区の歴史などを盛り込んだ記録誌を手掛ける「せや・ガイドの会」。15年以上にわたり会を引っ張ってきた前会長からバトンを引き継ぎ、「先輩が培ってきたものを、しっかりと継承したい」と意気込む。目標は、新たな仲間を集めること。会員の高齢化に伴い、次代の担い手を見つける必要がある。ガイドだけでなく、散策時のサポートスタッフ、記録誌の作り手など幅広く人材を探しており、「歴史に興味のある方、大歓迎です」と呼びかけている。

 ○…学生の頃から日本史が好きで、仕事を退職後、神奈川の東海道五十三次を案内するNPO法人と、同会に入会した。ガイドの際は、「拡声機を使わず、地声で喋る」がモットー。説明用の資料も記憶して、視線を上げて堂々と、参加者に語りかけるように説明する。また、事前の下調べも欠かさない。「調べるのが何より楽しいんです。情報を集め過ぎて、取捨選択に悩むこともあるけれど」と笑顔で話す。「竹見さんのガイドを聞きたい」というリピーターの存在が、大きなやりがいだ。

 ○…生まれは小田原市。結婚を機に移り住んだ瀬谷区の魅力について、豊かな自然環境と、「調べれば調べるほど面白い」という歴史を挙げる。2人の子どもは結婚し、妻と愛犬・小太郎との「3人」暮らし。今は、東京日本橋から京都三条大橋まで、東海道五十三次の完歩を目指している。3年ほど前からは妻も同行しており、行く先々での出会いが楽しみの1つ。

 ○…「多様な面を持つのが、歴史の面白さ」。ドラマなどで英雄として描かれた武将も、視点を変えれば悪い面が浮かぶ。史実において「悪」とされ、評価が低い人物に意外な面があるケースも。今は幕末と明治維新に興味があるそうだ。「一面だけ切り取っては分からない」と、様々な角度から歴史を掘り下げていく。

瀬谷区版の人物風土記最新6件

車(くるま) 秀徳さん

瀬谷公会堂の運営業務責任者を務める

車(くるま) 秀徳さん

2月22日号

山口 紗矢佳さん

シンガーソングライターとして活動し、3月にワンマンライブを控える

山口 紗矢佳さん

2月15日号

飯吉 明子さん

「ピンチをチャンスに!減災共助の会」の世話人の一人として活動する

飯吉 明子さん

2月8日号

塚本 芳弘さん

神奈川県優良衛生技能者表彰に選ばれた「家庭料理の店ベル」の店主

塚本 芳弘さん

2月1日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

1月25日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月18日号

大成祭典 希望が丘葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

食品ロス削減、冷蔵庫から

食品ロス削減、冷蔵庫から

区、専門家招き講座

3月5日~3月5日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク