瀬谷区版 掲載号:2017年11月9日号 エリアトップへ

中屋敷地区センターで11月22日・29日に行われる編みぐるみ教室の講師 糀谷(こうじや) 晴治さん 相沢在住 68歳

掲載号:2017年11月9日号

  • LINE
  • hatena

自由な発想で自在に創作

 ○…かぎ針編みで作られた動物のぬいぐるみが店頭に並ぶ。「編みぐるみは頭に浮かんだオリジナル。編み図がないから説明が難しい」と笑う。相沢で営む洋品店「日光屋」では度々開いてきた編み物教室だったが、講師として区内で教えるのは初。地区センターから声がかかり実施が決まった。「作り方を間違って覚えている方もいる。基本を身に付けて、応用につなげてもらえたら」。

 〇…山や川に囲まれた、現在の栃木県日光市で生まれ育った。瀬谷区へ来たのは10歳の頃。父親が洋品店を立ち上げたため、家族で引っ越した。「横浜は都会で、周りの友達が皆おしゃれに見えたよ」と振り返る。店頭の商品を畳んだりチラシを配ったりと、子どもの頃から店の手伝いに励んだ。「手先は器用だった」と言い、小学校の工作ではアレンジを加えて提出。「昔から設計図を見て作ることが苦手で、自由にやっていた」と笑顔を見せる。

 〇…20代で店を継ぎ、今年開店58年目を迎えた。90代の母親も現役で衣料品などの修繕を担当。妻も一緒に店を切り盛りする。昔は繁盛していた店も、量販店などの台頭で厳しい状況に。「今はバスで駅前まで楽に行けてしまうから、自然と足が遠のくようになる。時代の変化かな」と噛み締めつつ、「『やめないでね』の声がありがたい」と話す。編み物を始めたのは35歳。常連客からのリクエストが続き、問屋の講習会に参加するなどして一から覚えた。持ち前の器用さで、頭で考えた物は大体形に出来るように。「自分が作った物が売れるのはやっぱり嬉しいね」と声を弾ませる。

 〇…毎朝5Kmのウォーキングは欠かさず、さらに瀬谷から三浦市まで日帰りで長距離を歩くことも。帰宅後、歩いた道を地図に書き込む。「色を塗って、地図を埋めていくのが至福の時」。黙々と歩くことと、手元で編むこと。ともに自分の楽しみとして、大事な時間となっている。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

籾山 喜代次(きよじ)さん

瀬谷区陸上競技協会の会長に就任した

籾山 喜代次(きよじ)さん

橋戸在住 82歳

6月4日号

仲野 直実さん

家庭倫理の会横浜西の会長を務める

仲野 直実さん

阿久和南在住 54歳

5月28日号

竹内 一樹さん

劇団四季『マンマ・ミーア!』横浜公演にスカイ役で出演予定の

竹内 一樹さん

横浜市在住 劇団四季俳優

4月30日号

新井 鷗子さん

4月1日付で横浜みなとみらいホールの新館長に就任した

新井 鷗子さん

東京都在住 57歳

4月23日号

土肥(どひ) 賢太さん

サッカークラブ「瀬谷インターナショナルフットボール」の代表を務める

土肥(どひ) 賢太さん

橋戸在住 32歳

4月16日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

中区在勤 36歳

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月21日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク