瀬谷区版 掲載号:2018年2月15日号 エリアトップへ

シンガーソングライターとして活動し、3月にワンマンライブを控える 山口 紗矢佳さん 瀬谷区在住 24歳

掲載号:2018年2月15日号

  • LINE
  • hatena

地元に愛されるシンガーに

 ○…「小さい頃から大好きな歌やダンスを仕事にしたい」と本格的に活動を始めて3年。セルフプロデュースでCDを3枚作成し、3月8日には都内でワンマンライブを控えるなど、精力的に動いている。「自分の歌で誰かを元気づけられたら。地元の人に愛されるシンガーになりたい」。明るい笑顔とともに、力強く夢を語る。

 〇…緑区で生まれ、小学5年生で瀬谷区へ。幼い頃から体を動かすことが好きで、瀬谷マラソンで入賞したことも。初めて人前で歌った親戚の結婚式では、「周りから茶化され、負けず嫌いに火がついた」と笑って振り返る。高校時代の練習場所といえばカラオケ。ひたすら歌と向き合った。アイドルやモデルなど様々なオーディションに挑戦し、中には親に内緒で応募したものも。「チャンスがあれば何かに出たい、やりたいという野心はずっとあった」

 〇…転機は2013年。応募したカラオケ大会の予選通過の知らせを受けた。本選会場は宮崎県。「とにかく私の歌を聴いてほしい」と、見知らぬ街のショッピングモールで人前に立った。緊張から足が震えたが、「この経験のおかげで本気になれた」。大学を辞め、音楽活動に専念するように。専門学校で曲作りを学び、今はピアノで作曲する。ライブではギターの弾き語りや、ダンサーをつけて歌って踊るなど、枠に留まらないパフォーマンスで楽曲の世界を表現。他の誰とも違う「自分らしさ」をどう見せるか、日々追求している。

 〇…開港祭親善大使を務めるなど生まれ育った横浜への愛着はひとしお。休日にはドライブを楽しむと言い、「みなとみらいのような観光地と、人の温かみや自然が溢れる瀬谷のような地域が両方ある。おすすめしたい場所がたくさんある街」と魅力を表現。「何年かかっても良いから一番身近で大きな会場の横浜アリーナに立ちたい」――。目を輝かせ、未来のステージを見据える。

瀬谷区版の人物風土記最新6

宮崎 和之さん

瀬谷区美術協会の初代会長を務める

宮崎 和之さん

橋戸在住 55歳

10月21日号

高木 秀明さん

相鉄線大和駅・瀬谷駅・三ツ境駅の駅長を務める

高木 秀明さん

泉区在住 49歳

10月14日号

高橋 正幸さん

パーキンソン病と闘いながらウクレレ演奏などの地域ボランティアに励む

高橋 正幸さん

下瀬谷在住 75歳

10月7日号

小川 肇さん

10月2日・3日に瀬谷公会堂で文化祭を開く瀬谷区文化協会の会長

小川 肇さん

下瀬谷在住 77歳

9月30日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長に新たに就任した

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

9月23日号

金子 恵理さん

コロナ禍でオンラインイベントなどを企画する下瀬谷地域ケアプラザの生活支援コーディネーター

金子 恵理さん

下瀬谷在勤

9月9日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook