瀬谷区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

瀬谷の生き物だより【100】 文 今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真 中村多加夫

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena

 数年前の春3月、麗らかな春の陽の中非常に珍しい1羽の鳥が瀬谷の原に現れた。ヤツガシラである。

 広くユーラシア大陸からアフリカにかけて生息し、日本には数少ない旅鳥として春3〜4月に主に日本海の島嶼(とうしょ)を通過、生息地では広い草地、農耕地、河原など開けた場所を好む。主に地上で生活し、活発に大股で歩き昆虫、クモ、ミミズ等を探して食べる。羽ばたきは遅く、ゆっくりと飛ぶ。

 サイチョウ目ヤツガシラ科の鳥で全長は26〜28cm、ヒヨドリとほぼ同じ大きさで、頭部から胸にかけて赤褐色、背から尾にかけては目立つ白と黒の縞模様、頭の長い冠羽は驚いた時や伸びをする時、そして着地の瞬間等に羽うちわの様に広げる独特の形を見せる。その幾条にも開いた冠羽の様がヤツガシラ(八つ頭)の和名の由来とも云われる。

 その優しい顔つきと共に一度目にする幸運に恵まれれば、正に一期一会の出会い、まるで名画を見る様なそんなシーンがバードウオッチングの世界へ誘うものであろう。季節も良し、一期一会を求めて瀬谷の原に足を運んでみては如何。
 

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

https://www.k-kubo.yokohama/

<PR>

瀬谷区版のコラム最新6

瀬谷の生き物だより137

ラミーカミキリ 文・写真:中村多加夫(瀬谷環境ネット)

瀬谷の生き物だより137

6月17日号

脱炭素に向けて一歩

SDGs瀬谷区から未来を考えるvol.2

脱炭素に向けて一歩

(株)小林園(阿久和南)

6月3日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【4】

横浜とシュウマイと私

「中華街は第二世代?」

6月3日号

日々の業務に工夫重ねて

SDGs瀬谷区から未来を考えるvol.1

日々の業務に工夫重ねて

(株)青武組(三ツ境)

5月27日号

瀬谷の生き物だより136

キアシドクガ 文・写真:中村多加夫(瀬谷環境ネット)

瀬谷の生き物だより136

5月20日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【3】

横浜とシュウマイと私 社会

「中華街は多様でシュウマイ」

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter