瀬谷区版 掲載号:2018年4月19日号
  • LINE
  • hatena

瀬谷茶華道協会の代表に就任する 小柴 葉萠(ようほう)さん 区内瀬谷在住 69歳

茶華道文化の裾野広げて

 ○…「茶道や華道をより身近に」と2012年に発足し、7年目を迎えた瀬谷茶華道協会。4月27日からは、同会が年2回主催する展示を三ツ境相鉄ライフで開催。日頃いけばなの指導を受け、師と仰ぐ崎本扇萠(せんほう)さんから、同展を機に代表を受け継ぎ、新たなスタートを切る。「まず目の前のことを一つずつ、地道にやっていきたい」と謙虚ながら「遠い存在になりつつある伝統文化を瀬谷の人たちに届けたい」と活動への思いを語った。

 〇…本格的にいけばなを始めたきっかけは35年程前、同居する義母から正月に花を生けてほしいと頼まれたことだった。区内の講座で指導していた崎本さんと出会ったことで、個性を尊重し、従来の型にはまらない「草月流」の門下に。習い始めて時間が経つが「まだまだ奥が深い。他の人と違うことをしなさいと言われるけれど、もっとセンスが必要」と傍らに花材事典を携え、常に学びの姿勢を忘れない。「シンプルで、色は原色が好み。グロリオサという花の赤や黄色が好きで取り入れます」。生き生き語る表情に花への思いが滲む。

 〇…山口県出身。結婚を機に横浜へ引っ越し、子育てをしながらいけばなに向き合ってきた。「息子たちは音楽やアートが好きで一緒に美術展に行くことも。夫も作品の展示を見に来てくれます」と家族の協力や理解に感謝する。今は3人の孫の成長が日々の楽しみ。「飾ってある花をじっと見つめるだけで、触らない。ちゃんと分かっているみたい」と目を細める。

 〇…茶華道の流派に関係なく、いろいろな人に参加してもらいたいと呼びかける。「今後は小中学生向けの体験なども予定し、若い世代の人たちにも華道や茶道に関心を持ってもらい、伝統文化の裾野を広げていけたら」と思いを込める。

瀬谷区版の人物風土記最新6件

西川 浩二さん

4月1日付で瀬谷消防署の署長に就任した

西川 浩二さん

4月18日号

田島 充(みつる)さん

3月13日付で瀬谷警察署の署長に着任した

田島 充(みつる)さん

4月4日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

3月28日号

豊田(とよだ) 久子さん

横浜市体育協会の横浜スポーツ表彰でスポーツ功労賞を受賞した

豊田(とよだ) 久子さん

3月21日号

鈴木 媛女(ひめ)さん

2月の「ベスト・オブ・ミス神奈川」で、ミスユニバーシティ神奈川代表に選ばれた

鈴木 媛女(ひめ)さん

3月14日号

高井 滋夫さん

阿久和地区センターの館長を務める

高井 滋夫さん

3月7日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク