瀬谷区版 掲載号:2018年4月19日号
  • LINE
  • hatena

瀬谷の生き物だより【101】 文・写真 中村多加夫(瀬谷環境ネット)

 この季節、散歩中に日当たりの良い生け垣を覗くとネコハエトリを見つける事がある。このクモは捕獲用の網を張らずサザンカやマサキ等を移動しながら獲物を狩るハエトリグモの仲間である。

 ネコハエトリの成虫は、腹部以外は全体が黒く前足が長く(広げると15〜20mm)剣のように振り上げ相手を威嚇する。このクモをホンチと呼んだ。幼虫はババと呼ばれ春に脱皮しホンチになるが、メスは腹部が大きくこれが脱皮したものを特に夏ババと呼んだ。

 当時(昭和30年代)、近所の駄菓子屋でこのクモを飼育するたばこ箱くらいのホンチ箱を売っていて、6匹飼育できるように区切られていた。

 ホンチには色々な呼び名が有り、笹にいるホンチをササボン、薔薇にいるホンチをバラボンと言いバラボンが一番強いとされ、そのほか腹の部分が金色のキンケツがいて高級なホンチとされた。

 このクモを見ると、子供のころ学校に持って行って休み時間に戦わせて遊んだことを思い出す。
 

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

瀬谷区版のコラム最新6件

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月25日号

お問い合わせ

外部リンク