瀬谷区版 掲載号:2018年4月19日号 エリアトップへ

瀬谷の生き物だより【101】 文・写真 中村多加夫(瀬谷環境ネット)

掲載号:2018年4月19日号

  • LINE
  • hatena

 この季節、散歩中に日当たりの良い生け垣を覗くとネコハエトリを見つける事がある。このクモは捕獲用の網を張らずサザンカやマサキ等を移動しながら獲物を狩るハエトリグモの仲間である。

 ネコハエトリの成虫は、腹部以外は全体が黒く前足が長く(広げると15〜20mm)剣のように振り上げ相手を威嚇する。このクモをホンチと呼んだ。幼虫はババと呼ばれ春に脱皮しホンチになるが、メスは腹部が大きくこれが脱皮したものを特に夏ババと呼んだ。

 当時(昭和30年代)、近所の駄菓子屋でこのクモを飼育するたばこ箱くらいのホンチ箱を売っていて、6匹飼育できるように区切られていた。

 ホンチには色々な呼び名が有り、笹にいるホンチをササボン、薔薇にいるホンチをバラボンと言いバラボンが一番強いとされ、そのほか腹の部分が金色のキンケツがいて高級なホンチとされた。

 このクモを見ると、子供のころ学校に持って行って休み時間に戦わせて遊んだことを思い出す。
 

瀬谷区版のコラム最新6

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【4】

横浜とシュウマイと私

「中華街は第二世代?」

6月3日号

瀬谷の生き物だより136

キアシドクガ 文・写真:中村多加夫(瀬谷環境ネット)

瀬谷の生き物だより136

5月20日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【3】

横浜とシュウマイと私 社会

「中華街は多様でシュウマイ」

5月7日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第12回 土地の記憶を残す地名と「ハザードマップ」文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

4月29日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【2】

横浜とシュウマイと私

「横浜が聖地の理由」

4月22日号

瀬谷の生き物だより135

ムラサキケマン 文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより135

4月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter