瀬谷区版 掲載号:2018年5月31日号
  • LINE
  • hatena

連載 地図・絵図で見る瀬谷の生い立ち 第1回 《相模国鎌倉郡》の絵図に見る瀬谷文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

 2019年に瀬谷区制50周年を迎えるにあたり、「わがまち」の生い立ちと、第二次大戦前の姿を残しつつ急激に都市化が進んだ「せや」の姿を地図・絵図で辿りながら、次世代に伝えたいとの想いを、この連載を通じて綴ってみたい。

 瀬谷は、旧相模国《鎌倉郡》の東北端に位置し、境川から西側は《高座郡》に接する。

 境川は「源を津久井県川尻村龍居山(現、町田市の西端付近)の麓より出て…武蔵国・相模国の国界を東流す、故にこの名あり…高座、鎌倉2郡の界を南流し鵠沼・片瀬両村の境にて海に注ぐ…両郡にて此の水を田圃の用水となす」とある。

出典:『新編相模風土記稿』天保12年(1841)

瀬谷区版のコラム最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク