瀬谷区版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

瀬谷の生き物だより【104】 文:清水道夫(瀬谷環境ネット) 写真:中村多加夫(同上)

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena

 蒸し暑い夏の夕方、開けてある窓から「クワッ、クワッ、クワッ」と大きな声が聞こえてきた。庭に出てみると、庭木の1m程の高さの葉の上でアマガエルが鳴いていた。

 アマガエル(正式名はニホンアマガエル)は日本全国の平地から低山に分布、春から夏にかけて田や池など流れのない水場で繁殖する。体長は3〜4cm、雌の方が大きい。顔つきは他の蛙の様に鼻先が尖らず愛嬌がある。体色は普通緑色だが稀に黄色や青色も見られる。足指には吸盤があり、この吸盤とお腹を使って木や土壁、コンクリートなどを上ることが出来る。繁殖期と冬眠のとき以外は水中や地上に居ることは殆どなく、草や木の上が生活の中心となっている。昆虫やクモなどの生き物が主な餌であるが、油断すると自身が鷺、蛇、大きな蛙などの餌食となる破目にあう。

 尚、アマガエルは小さくて可愛いので捕まえたくなるが、皮膚を守るために毒性の液が出ているので、掴んだその手で口や目に触れない様に気をつけたい。
 

瀬谷区版のコラム最新6

瀬谷の生き物だより 147

コチドリ文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより 147

4月21日号

太陽光で命を守る

SDGs瀬谷区から未来を考えるvol.7

太陽光で命を守る

高齢者施設 愛成苑

4月21日号

生ごみを肥料に

SDGs瀬谷区から未来を考えるvol.6

生ごみを肥料に

高齢者施設オリーブ

3月24日号

瀬谷の生き物だより 146

キセキレイ文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより 146

3月17日号

瀬谷の生き物だより 145

アリスイ文::今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより 145

2月17日号

瀬谷の生き物だより 144

タヒバリ文::今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより 144

1月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook