瀬谷区版 掲載号:2018年7月26日号
  • LINE
  • hatena

連載 地図・絵図で見る瀬谷の生い立ち 第3回 新田開発の時代と「瀬谷野新田」(現・二ツ橋周辺)文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

 新田開発は、江戸時代の年貢の増徴策として、戦国末期から江戸時代中期に、幕府が諸藩に奨励した。瀬谷の場合は主に畑地の開墾であった。《相模国図》時代の瀬谷地域には、瀬谷村・瀬谷野新田・宮沢村・阿久和村があった[『天保郷帳』1834(天保5年)]。

 瀬谷野新田は、”古は茅原にて藤沢御殿ありし頃は萱千駄を刈りて奉り・・その後、開墾の事成り”とあり、現・瀬谷区役所周辺の字「千駄野」周辺と考えられ、天正年間(1573〜1593)に露木甚五左衛門らが開墾したという。慶長年間(1596〜1615)は、村名は未詳だが「二ツ橋」と呼ばれ、藤沢宿の”持添(もちそえ)”(古田畑の地続きの開墾、『地方凡例録上巻』)とされ、”民戸30・・中原道村内を貫く”とある。

瀬谷区版のコラム最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月21日0:00更新

  • 3月14日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

桜愛でる茶屋

旭 区

桜愛でる茶屋

こども自然公園で30日

3月30日~3月30日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク