瀬谷区版 掲載号:2018年9月20日号 エリアトップへ

瀬谷の生き物だより【106】 文:今野紀昭(瀬谷環境ネット) 写真:中村多加夫(同上)

掲載号:2018年9月20日号

  • LINE
  • hatena

 秋は鳥たちの移動、渡りの季節だ。繁殖を終えた小鳥たちは高地から低地へと移動、渡り鳥は北から南へと海を越えて越冬の為日本列島に飛来する。イソシギもそんなシギ・チドリの一種で中部地方以北では夏鳥として渡来し、その他の地域では留鳥として分布する。生息環境は広く海岸の干潟や岩礁から草原、田畑の水辺と広く生息し和泉川流域でも見られる。

 イソシギはチドリ目シギ科の鳥で、体長は20cmでムクドリよりは小さい。背・上面は暗褐色で腹部・下面は白色。この白色部は肩にも斑がはっきり見られ、良く似たクサシギとの識別点になる。雌雄同色で、ゴカイやカニ、昆虫等を食し、採餌の動作中に尾を上下によく振るので遠くからでもその姿が知れる。

 単独でいる事が多い。名画「いそしぎ」の主題歌で「シャドウ・オブ・ユア・スマイル」の甘く哀愁を帯びたそのメロデイは広く愛されているが、その姿を和泉川や近くの水辺で「ツィリーリー」と鳴きながら白帯の見える翼を小刻みに羽ばたいて水面を低く飛ぶ姿を自分の目で追って見るのはどうでしょう。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のコラム最新6

懸命のアピール合戦

〈連載【10】〉「産業展」に45事業者

懸命のアピール合戦

IRと横浜

2月13日号

瀬谷の生き物だより【122】

瀬谷の生き物だより【122】

リュウキュウサンショウクイ文・写真:中村多加夫(瀬谷環境ネット)

1月23日号

「カジノなしでも人は来る」

〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る

「カジノなしでも人は来る」

IRと横浜

1月23日号

瀬谷の生き物だより【121】

瀬谷の生き物だより【121】

シロハラ文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同上)

12月19日号

地図・絵図で見る瀬谷の生い立ち

連載

地図・絵図で見る瀬谷の生い立ち

第20回 瀬谷区が生まれて50年〜人口からみた戦後の瀬谷の都市化文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

12月19日号

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く

制限型対策では不十分

IRと横浜

12月5日号

雇用や税収増に寄与

〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

雇用や税収増に寄与

IRと横浜

11月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

早春の神社と公園巡る

早春の神社と公園巡る

瀬谷水緑の健康ウォーク

2月24日~2月24日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク