瀬谷区版 掲載号:2018年10月18日号 エリアトップへ

暴力から守る力を子どもに伝えるプログラム「CAP」の普及に努める 下田 幸子さん 五貫目町在住 61歳

掲載号:2018年10月18日号

  • LINE
  • hatena

奔走するメッセンジャー

 ○…いじめや性犯罪など様々な暴力から自分を守る力を、子どもに伝える「CAP(キャップ)」。アメリカで発祥し、県内では1997年から学校や地域などで展開されている教育プログラムだ。人権の大切さを伝え、権利侵害に対して「嫌だ」と意思表示したり、家族や友達に助けを求める術を伝える。相談の受け皿となる親や教職員の役割も重要で、11月7日には五貫目町の子育て広場で大人ワークショップを開く。「身近な場所でのワークショップ。気軽に参加して下さい」と呼びかける。

 ○…普及団体として神奈川県内で長い歴史を持つ「CAPたんぽぽ」の代表。小学校PTAの仲間などと立ち上げたグループで、20年以上にわたり活動を続けている。CAPの魅力は、その分かりやすさ。子どもワークショップでは、友達から嫌なことをされたり、見知らぬ人に声をかけられた時の対応などを寸劇形式で学ぶため、特に理解しやすいという。普及における自身の役割については「メッセンジャー」と表現。「教えるというと、何か偉そうで。たくさんの人にCAPを伝えたいだけです」

 ○…2人の息子は独立し、孫にも恵まれた。子どもが小さい頃は、不安も多かったそうだ。「学校での話をしてくれなくて、どうしようって」。悩み葛藤したが、愛情の伝え方などを技術として学ぶ「親業」に取り組み、「自分が変わること」に努めた。育児で学んだことは、今も活きている。

 ○…たんぽぽ結成から20年以上が経ち、メンバーのライフスタイルも変わり、「365日CAP漬け」という日々も落ち着いた。今は、児童養護施設などでの活動を主にしている。これからは「保護者に知ってもらわなければ子どもに届かない」として、大人ワークショップに注力していく。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

大内 昇さん

瀬谷歯科医師会の会長を務める

大内 昇さん

三ツ境在勤 56歳

9月19日号

畑 武士さん

NPO法人楽竹会(らくちくかい)の理事長を務める

畑 武士さん

宮沢在住 75歳

9月12日号

相原 健一さん

瀬谷保護司会の会長を務める

相原 健一さん

阿久和西在住 65歳

9月5日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

8月29日号

出川 哲朗さん

横浜市出身のお笑いタレント

出川 哲朗さん

 55歳

8月1日号

太田 雄一郎さん

(公社)横浜市獣医師会の会長に就任した

太田 雄一郎さん

港南区在住 65歳

7月25日号

佐藤 康(やすし)さん

横浜瀬谷ライオンズクラブの第46代会長に就任した

佐藤 康(やすし)さん

本郷在住 49歳

7月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 9月12日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

旧東海道を巡る

旧東海道を巡る

せや・ガイドが散策行事

9月21日~9月21日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク