瀬谷区版 掲載号:2018年11月15日号
  • LINE
  • hatena

11月23日に「秋の舞踊の集い」を行う瀬谷舞踊愛好会会長を務める 石井 靖子さん 竹村町在住 80歳

日本舞踊の魅力を追求

 ○…今年で28回目を数える「秋の舞踊の集い」。瀬谷区内で総勢60組ほどの人が集まって踊りや歌声を披露する。「各流派の踊りを楽しめます。本番に向けて稽古中です」と語る。瀬谷舞踊愛好会へ入会し、代表を務めるようになって10年以上が経つ。会員も増えてきたと言い、2年後に控える30回の節目に向けて出来ることは何か、知恵を出し合っている最中だ。

 ○…千葉県生まれ。近所で舞踊を教えていた先生のもと、3歳の頃に古典の「春雨」を踊った。小学校高学年の頃は年下の子どもたちに教えることも。その後、習う環境が身近に無いなどの理由でしばらく離れることに。舞踊への思いが再燃したのは50代の頃。瀬谷区に引っ越して間もなく、後の師匠、玉川雪弥さんと出会い「踊りが好きと伝えたら『うちでぜひ』となって」。玉川流の師範資格を取得し「玉川徳弥」の名で活動。現在15人ほどに教える。「着物を貸すことも出来ますし、挑戦してみてほしい」と語る。

 ○…経営者として会社を切り盛りしていた時期もある。建設会社で代表を務めていた夫が亡くなった際、周りの後押しで仕事を引き継ぎ、従業員のための寮を建てるなど、共に働くメンバーを家族のように大事にしてきた。「皆さんの協力があって出来たこと」と謙虚な姿勢で感謝を口にする。

 ○…最近よく取り組むのは「男踊り」。着物の着方や大きい所作で表現する。集いでも披露予定で、「男踊りの姿で登場すると会場が盛り上がります」と笑顔を見せる。フィギュアスケートを見るのが好きで、注目しているのは羽生結弦選手。「手から足の先まで本当に綺麗。舞踊に通じる点が多く、活かせないかと思いながら見ています」。古典の普及にも力を入れたいとし、探求心、向上心は尽きることがない。

瀬谷区版の人物風土記最新6件

西川 浩二さん

4月1日付で瀬谷消防署の署長に就任した

西川 浩二さん

4月18日号

田島 充(みつる)さん

3月13日付で瀬谷警察署の署長に着任した

田島 充(みつる)さん

4月4日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

3月28日号

豊田(とよだ) 久子さん

横浜市体育協会の横浜スポーツ表彰でスポーツ功労賞を受賞した

豊田(とよだ) 久子さん

3月21日号

鈴木 媛女(ひめ)さん

2月の「ベスト・オブ・ミス神奈川」で、ミスユニバーシティ神奈川代表に選ばれた

鈴木 媛女(ひめ)さん

3月14日号

高井 滋夫さん

阿久和地区センターの館長を務める

高井 滋夫さん

3月7日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク