瀬谷区版 掲載号:2018年11月22日号
  • LINE
  • hatena

連載 地図・絵図で見る瀬谷の生い立ち 第7回 横浜市が誕生した頃の瀬谷と周辺地域文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

 明治22(1889)年4月、市制・町村制によって横浜市制が施行され、先立つ3月25日、神奈川県から土木・教育事務を引き継ぎ、7月22日に市役所が開庁。「横浜市」が誕生した(『横浜市会の百年記述篇P11』)。戸数2万5849戸、人口11万6193人、面積は5・4平方キロメートル、現在の約80分の1であったとされる(『横浜市人口のあゆみ1989』より)。

 当時の瀬谷周辺はというと、鎌倉郡に瀬谷村・二ツ橋村・宮沢村、中川村には上矢部村・秋葉村・名瀬村・阿久和村・岡津村がみえる。

瀬谷区版のコラム最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月21日0:00更新

  • 3月14日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

桜愛でる茶屋

旭 区

桜愛でる茶屋

こども自然公園で30日

3月30日~3月30日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク