瀬谷区版 掲載号:2019年1月24日号 エリアトップへ

瀬谷の生き物だより【110】 文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同上)

掲載号:2019年1月24日号

  • LINE
  • hatena

 アオサギは、海岸、川、湖、池などの水辺で普通に観られる。飛びながら「グアー、ゴアー」などとしわがれた声で鳴く、体長93cm、翼を広げると160cmにもなる大型の留鳥で、国内には十数種類のサギが生息するがその中で最大である。知らない人は鶴と間違えることもある。

 体色は雌雄同じで全体に灰色に見え、嘴は黄褐色、脚は灰褐色、前頸に黒い縦斑が数本、目の上から後頭にかけて黒い帯があり、成鳥ではその先端は冠羽となって靡(なび)いている。背、肩、胸には灰白色の飾り羽も見られる。

 春先になると、成鳥は婚姻色と言って、目先、嘴、脚が赤みを帯びてくる。4〜6月の繁殖期には高い木に集団で営巣(コロニーと呼ばれている)し雛を育てる。餌は主に魚だが、蛙、ザリガニ、昆虫類、鳥の雛など色々である。

 区内では、境川や和泉川に沿って飛んでいる姿、上瀬谷の農耕地や宮沢遊水池で採餌している姿などを見掛ける。時として池で釣人の近くで待って、釣り上げた魚のお裾分けに預かっている人慣れした鳥を見ることもある。
 

瀬谷区版のコラム最新6

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【3】

横浜とシュウマイと私 社会

「中華街は多様でシュウマイ」

5月7日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第12回 土地の記憶を残す地名と「ハザードマップ」文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

4月29日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【2】

横浜とシュウマイと私

「横浜が聖地の理由」

4月22日号

瀬谷の生き物だより135

ムラサキケマン 文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより135

4月15日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第11回 バス停・公園・橋に残る地名【その4・由来不明の多い瀬谷の歴史地名】文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

3月25日号

瀬谷の生き物だより134

カシラダカ 文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより134

3月18日号

きもの和五十鈴

5/1~5/5 ヘアセット・メイク体験会(通常1万2000円相当が無料)

http://kimonowaisuzu.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter