瀬谷区版 掲載号:2019年2月21日号 エリアトップへ

瀬谷の生き物だより【111】 文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同上)

掲載号:2019年2月21日号

  • LINE
  • hatena

 上空を黒い鳥が数羽隊列をなして飛んでゆくのを見ることがある。よく見るとカラスなどと異なり翼が体の中央部分から出ている。カワウである。

 カワウは東北地方以南の沿岸や内陸の湖沼、大きな河川に棲む留鳥で、体長80cm、翼開張は130cm、体色は暗い褐色あるいは黒色の大型の水鳥である。瞳が緑色で翡翠のように美しい。成鳥は繁殖期には頭頂から首にかけて白色となる。

 水辺近くの樹上で繁殖し、近くの湖沼、河川等で魚を捕って餌としている。集団で魚の群れを追い込み一斉に大量の魚を捕らえる習性がある。この為、川や湖を管轄している漁業者から睨まれる存在となっている。

 区内では、境川や宮沢遊水地で1、2羽のカワウが飛来し採餌をしている。時に電柱等に止まって翼を広げているのを見ることがある。潜水して魚を捕らえ易い様に他の水鳥に比して羽の油分が少ないので、濡れた羽を乾かす必要があるのだ。

 尚、よく知られている鵜飼いには、同じ仲間の少し大きいウミウが使用されているとのことである。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のコラム最新6

生き物だより114ハナミズキ

生き物だより114ハナミズキ

文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同上)

5月16日号

地図・絵図で見る瀬谷の生い立ち

連載

地図・絵図で見る瀬谷の生い立ち

第12回 「迅速測図」と「偵察録」にみる明治初期の瀬谷その4 明治初期、境川沿岸と谷戸の田圃と「義民建功之碑」 文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

4月25日号

瀬谷の生き物だより【113】

地図・絵図で見る瀬谷の生い立ち

連載

地図・絵図で見る瀬谷の生い立ち

第11回 「迅速測図」と「偵察録」にみる明治初期の瀬谷その3 明治初期の瀬谷周辺の森林〜薪・炭と生活 文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

3月28日号

瀬谷の生き物だより【112】

瀬谷の生き物だより【112】

文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同上)

3月21日号

地図・絵図で見る瀬谷の生い立ち

連載

地図・絵図で見る瀬谷の生い立ち

第10回 明治20年代の「迅速測図」と「偵察録」にみる瀬谷その2 明治初期の二ツ橋村 むらの様子文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

2月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク