瀬谷区版 掲載号:2019年7月25日号 エリアトップへ

連載 地図・絵図で見る瀬谷の生い立ち 第15回 『皇国地誌』にみる瀬谷と周辺集落の暮しその3 村を結ぶ明治初期の橋文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

掲載号:2019年7月25日号

  • LINE
  • hatena

 境川の橋は、長さは概ね9〜13m・幅は2・1〜2・4mの鶴ケ瀬・新道橋・中ノ橋(現中嶋橋付近)・深瀬橋(現深瀬橋)・山田橋(現上瀬谷橋付近)が瀬谷と高座郡の村々を結ぶ。

 二ツ橋村の堀(和泉川)には、長さ約2・7m、幅2〜3mの地蔵橋・連雀橋。宮沢村の堀(和泉川)に、長さ2m〜5・4m、幅2・4〜2・7mの堺橋・碇橋・東橋。阿久和村に、長さ3・6〜5・4m、幅2・1〜2・4mの榎橋・新橋・矢倉下橋・猪鼻橋・中村橋・中橋・宮下橋があった。

 主に土橋で、河川改修と道路整備により位置、名称が変わったものが多い。
 

瀬谷区版のコラム最新6

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【4】

横浜とシュウマイと私

「中華街は第二世代?」

6月3日号

瀬谷の生き物だより136

キアシドクガ 文・写真:中村多加夫(瀬谷環境ネット)

瀬谷の生き物だより136

5月20日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【3】

横浜とシュウマイと私 社会

「中華街は多様でシュウマイ」

5月7日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第12回 土地の記憶を残す地名と「ハザードマップ」文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

4月29日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【2】

横浜とシュウマイと私

「横浜が聖地の理由」

4月22日号

瀬谷の生き物だより135

ムラサキケマン 文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより135

4月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter