瀬谷区版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

瀬谷の生き物だより【117】 ギバチ文:宮島行壽(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫・宮島行壽(同上)

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena

 ギバチ(義蜂)は、神奈川県が生息域の南限で「県の絶滅危惧IA類」に分類されているナマズの仲間である。

 ナマズが上下の顎に1対ずつ4本のひげを持つのに対し、ギバチは2対ずつ8本のひげを持つナマズ目ギギ科に分類される。体長は最大25cm程でナマズの約三分の一強の大きさである。胸びれと背びれに1本ずつ、合計3本の棘を持つ。棘には毒があるとされ、手で持つとハチに刺されたような痛みがあることからこのような名前がついたとされている。活動は基本的に夜行性で攻撃性が強く、水槽で飼育する場合体長数cmを超えたもの複数を一つの水槽に入れると、弱いものが攻撃され、死に至ってしまう。

 和泉川では今年1月〜2月の渇水時、干上り寸前の水溜りの中で20尾ほどのギバチが採集された。日本の高度成長期に和泉川の生物も大きな痛手を受けた。その後に現れたこのギバチはどんなルーツを持っているのか、現在DNA分析が行われようとしている。
 

瀬谷区版のコラム最新6

瀬谷の生き物だより130

マミチャジナイ 文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより130

10月15日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第6回 地形から見た瀬谷の地名と村の様子(その1)文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

9月24日号

瀬谷の生き物だより129

サシバ 文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより129

9月17日号

誘致計画、不透明さ増す

〈連載【13】〉市、実施方針公表を再延期 IRと横浜

誘致計画、不透明さ増す 社会

9月3日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第5回 瀬谷の地形を地名から読む文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

8月27日号

2つの署名活動 秋に開始

〈連載【12】〉リコール、住民投票求める IRと横浜

2つの署名活動 秋に開始 社会

8月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク