瀬谷区版 掲載号:2019年10月17日号 エリアトップへ

瀬谷の生き物だより【119】 オオタカ文 :清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同上)

掲載号:2019年10月17日号

  • LINE
  • hatena

 上瀬谷の農耕地を散策している時、上空を、陽を受けて下面が白く輝いている鳥が二羽のカラスに追われるように飛ぶ姿が目に入った。すぐにオオタカだと判った。

 オオタカは国内では留鳥で平地から山地の林に生息し、冬から春の繁殖期以外は普通一羽で行動する。体長は雄が50cm、雌は少し大きく56cm程。体色は雌雄ほぼ同色で頭から上面は暗青灰色、目元と眉斑は白い。下面は白く灰褐色の横斑がある。なお、幼鳥は上面が褐色、下面は淡褐色で黒褐色の縦斑があるので区別がつく。餌は鳥類が主だ。自分より大きい鴨や鷺、雉なども襲う。また、ネズミやウサギなども採る。その性質を利用して、昔は鷹狩に使用された。

 二十年程前にはオオタカは絶滅危惧種として騒がれ、森林開発の際には必ずと言ってよいほど問題になった。その後野鳥の会やその他の活動もあって世間の環境に対する見方に変化もあり、現在は数の減少に歯止めがかかったと言われているが果たしてどうだろう。
 

瀬谷区版のコラム最新6

瀬谷の生き物だより【123】

瀬谷の生き物だより【123】

ガビチョウ文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

2月27日号

懸命のアピール合戦

〈連載【10】〉「産業展」に45事業者

懸命のアピール合戦

IRと横浜

2月13日号

瀬谷の生き物だより【122】

瀬谷の生き物だより【122】

リュウキュウサンショウクイ文・写真:中村多加夫(瀬谷環境ネット)

1月23日号

「カジノなしでも人は来る」

〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る

「カジノなしでも人は来る」

IRと横浜

1月23日号

瀬谷の生き物だより【121】

瀬谷の生き物だより【121】

シロハラ文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同上)

12月19日号

地図・絵図で見る瀬谷の生い立ち

連載

地図・絵図で見る瀬谷の生い立ち

第20回 瀬谷区が生まれて50年〜人口からみた戦後の瀬谷の都市化文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

12月19日号

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く

制限型対策では不十分

IRと横浜

12月5日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

宅建市民セミナー杉良太郎講演会

11月14日関内ホール 参加費無料 事前申込制1000人

https://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/index.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月27日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク