瀬谷区版 掲載号:2019年11月7日号 エリアトップへ

ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1位で指名された 森 敬斗さん 青葉区在住 17歳

掲載号:2019年11月7日号

  • LINE
  • hatena

自ら輝く ハマの選手に

 ○…「走攻守、三拍子揃ったナンバー1遊撃手」の評価を得て、ベイスターズに1位で指名された。高い期待に驚き、喜びつつもすでに心はプロ野球選手。「一軍で1年目から試合に出る」と目標を掲げ、プロで戦う身体作りの真っ最中だ。

 ○…静岡市出身。山と川に囲まれた環境で育ち、自然の中を遊び回るやんちゃな子どもだった。野球は小学3年の時に兄の影響で始め、より高いレベルを求めて桐蔭学園高校に入学。週1度のオフは自主練習か日用品の買い物、けがの治療だけと野球漬けの日々だったが、ニキビが嫌で肌のケアに気を遣う高校生らしい一面も。野球が大好きと感じたことはないと話す一方で、練習すればするほど上手くなる、そんな成長の過程が合っていたと振り返る。

 ○…主将として叱咤しながらも明るい人柄でチームをまとめ、昨秋の関東大会で優勝、母校を16年ぶりに春のセンバツへ導いた。選手としてはU―18日本代表の1番レギュラーとして国際大会で活躍。華やかにプロへの階段を駆け上がったように見えるが、昨年までプロを意識していなかった。転機は関東大会前に大敗した横浜高校戦。「自分に結果が出ず、心に波が出て、それがチームに影響してしまった」。敗戦を糧に精神面もたくましく成長、その後の飛躍につながった。

 ○…「自分が入ったということは抜ける選手もいる。その責任も考えないと」。厳しいプロの世界を見据えながら「10年、20年と結果を出し続け、プレーや一生懸命な姿で感動を与えられる選手になりたい」と強いまなざしを向ける。これから持ちたいと話す座右の銘は「めいげつのたま明月之珠」。暗闇の中でも光を照らす月のように「どんな環境でも自分が」。そんな気概が見て取れた。
 

瀬谷区版の人物風土記最新6

谷口 康一さん

プラネタリウムや理科教室を開く瀬谷サイエンスクラブの代表を務める

谷口 康一さん

瀬谷在住 66歳

11月14日号

岩脇 朋夫さん

開館20周年を迎えた中屋敷地区センターの館長を務める

岩脇 朋夫さん

中屋敷在勤 62歳

10月17日号

菊本 和昭さん

NHK交響楽団で首席トランペット奏者を務める

菊本 和昭さん

旭区在住 38歳

10月10日号

瀬戸 勇さん

「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード」を受賞した横浜市消防局職員

瀬戸 勇さん

瀬谷区在住 40歳

10月3日号

大内 昇さん

瀬谷歯科医師会の会長を務める

大内 昇さん

三ツ境在勤 56歳

9月19日号

畑 武士さん

NPO法人楽竹会(らくちくかい)の理事長を務める

畑 武士さん

宮沢在住 75歳

9月12日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 境川の護岸整備を推進

    大型台風やゲリラ豪雨に備え 県政報告【9】

    境川の護岸整備を推進

    瀬谷区選出 神奈川県議会議員 田村ゆうすけ

    11月14日号

あっとほーむデスク

  • 11月21日0:00更新

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク