瀬谷区版 掲載号:2019年11月21日号 エリアトップへ

瀬谷の生き物だより【120】 アカハラ文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同上)

掲載号:2019年11月21日号

  • LINE
  • hatena

 秋も深まると餌の少なくなる山地から平地に下りて来る鳥達がいる。夏の高原で朝早くから澄んだ大きな声で「キョロンキョロンツリィー」と囀(さえず)っていたアカハラ(赤腹)もその1種である。

 ヒタキ科ツグミ属の1種で全長24cmとツグミと同大。その名の通り腹が赤く、体上面はオリーブ褐色、顔から胸はやや黒みを帯びる。平地に下りて来たときは小さな群れも見られるが、その後それぞれの縄張りに移り単独で一冬を過ごすようになる。

 春夏は昆虫やミミズ類を好んで食するが、秋はムクノキやミズキの実、公園のピラカンサや屋敷林の柿の実を食する姿が時に見られる。冬に入るとその姿を目にすることが難しくなるが、公園の茂みや明るい林縁から突然「キョッキョッキョッ」と忙しなく鳴く声が聞こえたら、それはアカハラ(またはシロハラ)とみて良いだろう。探してみよう。

 「赤勝て、白勝て」は運動会だが、同じツグミ属のシロハラ(白腹)が秋冬には同様の環境に生息する。次回はそのシロハラを紹介の予定。
 

瀬谷区版のコラム最新6

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第10回 バス停・公園・橋に残る地名【その3・橋の名前と地名】文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

2月11日号

瀬谷の生き物だより133

イカル 文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより133

2月11日号

「世界最高水準」掲げる

〈連載【16】〉市がIR実施方針案公表 IRと横浜

「世界最高水準」掲げる

1月7日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第9回 バス停・公園・橋に残る地名【その2・公園】文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

12月24日号

瀬谷の生き物だより132

コジュケイ 文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより132

12月24日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第8回 バス停・公園・橋に残る地名【その1・バス停】文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク