瀬谷区版 掲載号:2020年1月23日号 エリアトップへ

瀬谷の生き物だより【122】 リュウキュウサンショウクイ文・写真:中村多加夫(瀬谷環境ネット)

掲載号:2020年1月23日号

  • LINE
  • hatena

 瀬谷市民の森で初めてこの鳥を見つけたのは2017年12月。エナガとコゲラ、メジロの混群の中に一回り大きな白っぽい鳥を見つけ、撮った写真を確認するとサンショウクイに似ている。

 サンショウクイとは、スズメ目サンショウクイ科の鳥で、夏に日本やロシア、朝鮮半島で繁殖し、冬に東南アジアに南下し越冬する渡り鳥であり、通常冬に観られることはない。インターネットで調べると、沖縄県や九州南部で留鳥として生息している亜種リュウキュウサンショウクイが同年1月に東京都で発見されている。こちらは体長20cm、頭から背は灰黒色で翼は黒、額と襟周りは白く胸部から体側面にかけて暗灰色で、腹側は白く尾が長い。「ヒリリリリリ」と鳴くとある。

 写真の鳥はこの亜種リュウキュウサンショウクイと判明。黒い個体と青い個体がいた。温暖化の影響か生息域を関東まで広げてきたものと思われる。蝶など多くの亜熱帯の生き物の北上が見られる今、リュウキュウサンショウクイも普通に見られるようになるのであろうか。今冬も瀬谷市民の森で確認されている。
 

瀬谷区版のコラム最新6

懸命のアピール合戦

〈連載【10】〉「産業展」に45事業者

懸命のアピール合戦

IRと横浜

2月13日号

「カジノなしでも人は来る」

〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る

「カジノなしでも人は来る」

IRと横浜

1月23日号

瀬谷の生き物だより【121】

瀬谷の生き物だより【121】

シロハラ文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同上)

12月19日号

地図・絵図で見る瀬谷の生い立ち

連載

地図・絵図で見る瀬谷の生い立ち

第20回 瀬谷区が生まれて50年〜人口からみた戦後の瀬谷の都市化文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

12月19日号

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く

制限型対策では不十分

IRと横浜

12月5日号

雇用や税収増に寄与

〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

雇用や税収増に寄与

IRと横浜

11月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

早春の神社と公園巡る

早春の神社と公園巡る

瀬谷水緑の健康ウォーク

2月24日~2月24日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク