瀬谷区版 掲載号:2020年3月26日号 エリアトップへ

連載 地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史 〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜第1回 相模国鎌倉群から、横浜市戸塚区へ文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

掲載号:2020年3月26日号

  • LINE
  • hatena
図:横浜市市民局『横浜の町名』 (1996年12月)
図:横浜市市民局『横浜の町名』 (1996年12月)

 瀬谷区制40周年で製作した「歴史地名ガイドマップ」をもとに、地名から歴史、文化、生活を探っていく。今回は地名から読み解く前に必要な「歴史」について。

 横浜市戸塚区が誕生した1939年、瀬谷区の歴史(生活資料編)には『4月1日、今朝より横浜市瀬谷町となる、ああ永き伝統の瀬谷村と分かれ新地域として再現せり感慨無量』とある。当時の瀬谷村産業組合長・平本七郎さんの言葉だ。横浜市域拡張の第6次合併により、旧鎌倉郡は横浜市に合併され、戸塚町、瀬谷・中川・川上・豊田・本郷・大正・中和田の村々と共に戸塚区が新設された。29年の神奈川県鎌倉郡瀬谷村及び、27年の地番反別入図によると、当時の瀬谷にはおよそ阿久和を含む135の字(あざ)があった。次号は「字」について記載。
 

瀬谷区版のコラム最新6

花で地域に癒し

SDGs瀬谷区から未来を考えるvol.5

花で地域に癒し

瀬谷西高校

10月14日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【7】

横浜とシュウマイと私

「『ラー博』で名シュウマイを」

10月7日号

瀬谷の生き物だより140

ショウジョウトンボ文:清水道夫(瀬谷環境ネット) 写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより140

9月16日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【6】

横浜とシュウマイと私

「チルドの祖も横浜発祥」

9月9日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【5】

横浜とシュウマイと私

「駅ナカ×中華街=横浜新名物」

8月26日号

瀬谷の生き物だより139

イカリモンガ 文・写真:中村多加夫(瀬谷環境ネット)

瀬谷の生き物だより139

8月19日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook