瀬谷区版 掲載号:2020年4月23日号 エリアトップへ

連載 地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史 〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜第2回 『字(あざ)』って何ですか?瀬谷の地名〜文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

掲載号:2020年4月23日号

  • LINE
  • hatena
上図:横浜市道路局「瀬谷区全図」1990年3月/下図:横浜市計画局「瀬谷区全図」(行政区再編成により作成)1969年10月
上図:横浜市道路局「瀬谷区全図」1990年3月/下図:横浜市計画局「瀬谷区全図」(行政区再編成により作成)1969年10月

 瀬谷区制40周年で製作した「歴史地名ガイドマップ」を基に、地名から歴史や文化などを探っていく。今回は連載の肝となる『字(あざ)』について。

 字は、古くから土地の小区画につけられた名前のこと。明治時代、村の集落名は『大字(おおあざ)』、耕作地や屋敷地などの小単位は『小字(こあざ)(字)』と呼ばれ、更に細かい場所には土地の所有を明らかにするための番号『地番』で示した。(佐藤甚次郎著『明治期作成の地籍図』1986年11月)

 瀬谷の地番は1番(現宮沢4丁目・図内【1】)〜9409番(現卸本町)とした(宮沢は1番〜1156番、二ツ橋は1番〜566番)。その為、昭和30年代までは『戸塚区瀬谷町〈小字〉の〈地番〉』で郵便が届いた。

 次号からは消えた瀬谷の字名を追いながら土地の姿を見てみよう。
 

チョコのシュトーレン販売中

三ツ境のまちパン屋・ベーカリーサザンヴィラでお待ちしています。

http://southern-villa.com/

<PR>

瀬谷区版のコラム最新6

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第8回 バス停・公園・橋に残る地名【その1・バス停】文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

11月26日号

20万8千筆の署名提出

〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

20万8千筆の署名提出

11月19日号

瀬谷の生き物だより131

アトリ 文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより131

11月19日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第7回 地形から見た瀬谷の地名と村の様子(その2)文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

10月29日号

市、追加調査で準備進める

〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

市、追加調査で準備進める 社会

10月29日号

瀬谷の生き物だより130

マミチャジナイ 文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより130

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク