瀬谷区版 掲載号:2020年7月16日号 エリアトップへ

瀬谷の生き物だより【127】 ニイニイゼミ文・写真:中村多加夫(瀬谷環境ネット)

掲載号:2020年7月16日号

  • LINE
  • hatena

 ニイニイゼミは他のセミと同じカメムシの仲間だ。枯れ木に産卵された卵から孵化した幼虫は幹を伝わって地面に降り、土の中に入る。木の根から樹液を吸って育ち、終齢幼虫になるまでに数年掛かる。7月のある日の夕方に地中から這い出して近くの木や塀に登り、50cm〜1mくらいの比較的低い場所で羽化し、翌朝には飛んで行く。

 終齢幼虫は泥をまとい15mm程で、成虫になると翅(はね)を含めて35mm程になる。体はサクラやエノキ、ケヤキの樹皮にカモフラージュした模様をしている。鳴き声は「チイーイ↘」と音程が下がっていき、数秒して突然高くなり「↖イーイ↘」と再び下がってくる。これを数回繰り返す。音程は高く、木々に反射して方向が分かりにくい。

 このセミは横浜では一番早く鳴き始め、6月の末から8月中旬ごろまで声を聴く事が出来る。ニイニイゼミが鳴きだすと、夏休みのラジオ体操の時に聞いた頃を思い出し、今でも浮き浮きした気分になる。
 

チョコのシュトーレン販売中

三ツ境のまちパン屋・ベーカリーサザンヴィラでお待ちしています。

http://southern-villa.com/

<PR>

瀬谷区版のコラム最新6

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第8回 バス停・公園・橋に残る地名【その1・バス停】文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

11月26日号

20万8千筆の署名提出

〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

20万8千筆の署名提出

11月19日号

瀬谷の生き物だより131

アトリ 文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより131

11月19日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第7回 地形から見た瀬谷の地名と村の様子(その2)文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

10月29日号

市、追加調査で準備進める

〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

市、追加調査で準備進める 社会

10月29日号

瀬谷の生き物だより130

マミチャジナイ 文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより130

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク