瀬谷区版 掲載号:2020年8月27日号 エリアトップへ

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載 地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史 第5回 瀬谷の地形を地名から読む文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

掲載号:2020年8月27日号

  • LINE
  • hatena
【左図】月刊地図中心(2017年5月号)P15より【右図上下】瀬谷区歴史地名ガイドマップ(2009年)
【左図】月刊地図中心(2017年5月号)P15より【右図上下】瀬谷区歴史地名ガイドマップ(2009年)

 瀬谷区制40周年で製作した「歴史地名ガイドマップ」を基に、地名から歴史や文化などを探っていく。今回は地形から地名を読み解く。

 瀬谷は平坦な相模野台地に桑畑・畑地が広がっており、原っぱには「中屋敷原」・「本郷原」・「中原」・「大塚原」などの地名がある。また台地を削り、流れている大門川や相沢川沿いの細長い田圃には、谷(やと)や沢があり、地名には「竹生谷」・「相沢」などがあった。

 一方、旭区との境(旧武相国境)沿いの阿久和地区は多摩丘陵の西端にあたり、山がある。その地名には「小金山」・「榊山」・「日向山」などがあり、瀬谷の地形の変化を読み取ることができる。
 

瀬谷区版のコラム最新6

瀬谷の生き物だより135

ムラサキケマン 文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより135

4月15日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第11回 バス停・公園・橋に残る地名【その4・由来不明の多い瀬谷の歴史地名】文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

3月25日号

瀬谷の生き物だより134

カシラダカ 文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより134

3月18日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【1】

横浜とシュウマイと私

「令和はシュウマイの時代」

3月11日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第10回 バス停・公園・橋に残る地名【その3・橋の名前と地名】文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

2月11日号

瀬谷の生き物だより133

イカル 文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより133

2月11日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.k-kubo.yokohama/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter