瀬谷区版 掲載号:2020年8月27日号 エリアトップへ

ヒグラシとセミヤドリガ 瀬谷の生き物だより128 文・写真:中村多加夫(瀬谷環境ネット)

掲載号:2020年8月27日号

  • LINE
  • hatena

 ヒグラシ(日暮)は名前のごとく、朝夕の暗い時間帯や、昼間でも辺りが暗くなると一斉に鳴きだす。カナカナカナー、カナカナカナーと複数の鳴き声が同期して響きだす。近くで鳴いていても見つける事が難しい。

 他のセミと同じく、幼虫時代は土中で生活し、植物の根から養分を吸収して数年かけて育ち、8月の夕方、地中から這い出して近くの木や草に登り夜の間に羽化して翌日には飛び出して行く。大きさはツクツクボウシよりやや大きく、翅(はね)を含めて45mm程。体色は赤褐色で背面には黒と緑の筋があり、翅は透明の網目模様で、樹肌に溶け込む色彩をしている。雄の腹は雌より太く長く、中は空洞。光が透けるほどで、音を響かせている。

 樹林や市民の森を散歩していると、時々、腹に白い小豆大の塊を付けて重たそうに飛ぶヒグラシを見かける事がある。これはセミヤドリガという蛾の幼虫で、中には複数の幼虫が寄生していることがある。セミヤドリガの生態については良く分かっていないようで、興味のある方調べてみては如何。
 

瀬谷区版のコラム最新6

瀬谷の生き物だより135

ムラサキケマン 文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより135

4月15日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第11回 バス停・公園・橋に残る地名【その4・由来不明の多い瀬谷の歴史地名】文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

3月25日号

瀬谷の生き物だより134

カシラダカ 文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより134

3月18日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【1】

横浜とシュウマイと私

「令和はシュウマイの時代」

3月11日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第10回 バス停・公園・橋に残る地名【その3・橋の名前と地名】文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

2月11日号

瀬谷の生き物だより133

イカル 文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより133

2月11日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.k-kubo.yokohama/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter