瀬谷区版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

サシバ 文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同) 瀬谷の生き物だより129

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena

 初夏5月、一羽のタカが瀬谷市民の森に舞い降りた。渡り鳥であるサシバだ。東南アジア方面から繁殖のため、日本に夏鳥として渡来する。大きさはハシボソガラス程。雌雄同色で、体上面は茶褐色。腹部は白く、茶褐色の横斑がみられる。平地から山地の林、谷津田などの環境に生息し、ヘビやカエル、トカゲなどの両生類や爬虫類などを主に捕食する豊かな里山を代表する鳥である。

 近年急速に悪化する里山の環境と越冬地・フィリピンを結ぶ環境を守ろうと、2019年5月に第1回国際サシバ・サミットが栃木県で開催され、中継地である宮古島、台湾、フィリピンから研究者や市民が参加した。2020年はフィリピンで行われている。サシバの秋の渡りは壮観である。何百、何千という数のサシバが各地の渡りのポイントに集まり、次々と鷹柱を作りながら空高く舞い上がり、海を渡って行く姿に遭遇した時には感動を覚える。

 秋の瀬谷野原でも一羽、二羽と上空を渡って行く姿を見ることがある。今、旧上瀬谷通信隊基地の跡地利用が市民参加で検討されているが、サシバの住める里山の復活を期待したい。
 

瀬谷区版のコラム最新6

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第10回 バス停・公園・橋に残る地名【その3・橋の名前と地名】文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

2月11日号

瀬谷の生き物だより133

イカル 文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより133

2月11日号

「世界最高水準」掲げる

〈連載【16】〉市がIR実施方針案公表 IRと横浜

「世界最高水準」掲げる

1月7日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第9回 バス停・公園・橋に残る地名【その2・公園】文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

12月24日号

瀬谷の生き物だより132

コジュケイ 文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより132

12月24日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第8回 バス停・公園・橋に残る地名【その1・バス停】文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク