瀬谷区版 掲載号:2020年9月24日号 エリアトップへ

9月3日付で瀬谷警察署長に着任した 村田 秀之さん 区内在住 58歳

掲載号:2020年9月24日号

  • LINE
  • hatena

相手を思う力で正義貫く

 ○…神奈川県警察本部で刑事総務課や若い警察官の指導官、緑区の副署長などを経て、初の署長に就任。着任の際に署員には、自ら挨拶をする大切さや笑顔で前向きでいること、相手を思いやる心を持って接することを伝えた。「相手の立場に立ち、何を言わんとしているのかを感じ取ることで、僕らの伝えたいことも自ずと伝わる」。仲間同士だけでなく、あらゆる人の心に寄り添いながら職務を果たしていくことを誓う。

 ○…刑事部捜査第一課など刑事部門での経歴が長く、犯人や被害者と対話を重ねてきた。犯人が思いを吐露した瞬間や、盗まれたものが持ち主に返ってきたときの光景を今でも忘れない。「相手がいてこその仕事。感謝されると刑事冥利に尽きる」と目を細める。その反面、多忙を極め家族との時間を十分に取れなかったことも。「娘には辛い思いをさせたし、女房には頭が上がらない」

 ○…西区出身。常に明るく周囲への挨拶を欠かさない幼少期を過ごし、高校卒業後は民間企業に就職。20歳になり将来を考えたとき、小さい頃に刑事が聞き込みで自宅に訪れたときのことを思い出した。「困ったら頼りになるのは警察官だと何となく憧れを感じていた」と現在の道に進むことを決意。警察官として新たなスタートを決めた。「警察官になりたいと南警察署に直談判しに行ったよ」。警察官としての原点を振り返る。

 ○…初の単身赴任で料理などの家事に苦労するも、早朝のジョギングでは地域住民との交流を欠かさない。コロナ禍で三密を避ける中、警察としての基本は見失わず日々を重ねる。「残る警察人生を人情味あふれる瀬谷区民のために、全力を尽くしていきたい」--。そんな思いを胸に、正義を貫いていく。

瀬谷区版の人物風土記最新6

磯田 憲佑さん

10月に大会を初開催した瀬谷区硬式テニス協会の会長を務める

磯田 憲佑さん

阿久和西在住 81歳

10月22日号

三上 真史さん

里山ガーデンのウェルカムガーデンを監修する

三上 真史さん

都内在住 37歳

10月15日号

尾城 杏奈さん

「ピティナ・ピアノコンペティション」の最難関ソロ部門・特級でグランプリを受賞した

尾城 杏奈さん

栄区在住 23歳

10月8日号

千葉 賢治さん

7月から相鉄線大和駅、瀬谷駅、三ツ境駅の駅長を務める

千葉 賢治さん

磯子区在住 48歳

10月1日号

村田 秀之さん

9月3日付で瀬谷警察署長に着任した

村田 秀之さん

区内在住 58歳

9月24日号

高崎 順子さん

10月と11月に瀬谷区役所で講座を開く野菜ソムリエ

高崎 順子さん

区内在住 49歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク