瀬谷区版 掲載号:2021年7月1日号 エリアトップへ

(株)アイシマ(卸本町) SDGs瀬谷区から未来を考えるvol.3 職員の健康維持に注力 人材の多様化も

掲載号:2021年7月1日号

  • LINE
  • hatena
認証状を持つ相澤副社長。SDGsのバッジをスーツに付けて普及を図る
認証状を持つ相澤副社長。SDGsのバッジをスーツに付けて普及を図る

 瀬谷区を拠点に介護事業所や飲食店、障がい者グループホームを運営する(株)アイシマ(本社・卸本町)。今年3月、健康経営や多様な人材活用が評価され、横浜市の認証制度Y─SDGsのスタンダードに選ばれた。

 同社は今年、職員の健康維持やメンタルヘルス向上に取り組んでおり、健康経営に関する市や県、経済産業省の認証制度の登録も進めてきた。その一環で組織されたのが、看護師などから成る「安全衛生委員会」だ。健診や予防接種の推進のほか、禁煙に向けた喫煙率チェック、休憩時間・場所の確保といった労働環境の整備などに着手する計画。相澤剛副社長は「職員の健康維持は、健全経営にもつながります」と意図を説明する。

 高齢者や障がい者、外国人など多様な人材活用に積極的。女性も多く、パートを含めた全スタッフ(約800人)の約75%を占めており、管理職でも5割超に上る。

 今後の取り組みについて相澤副社長は「安全衛生委員会の活動を具体化していくとともに、ハラスメントなどの相談窓口も強化したい」と語り、安全・安心で働きやすい環境づくりに注力していく考えだ。
 

瀬谷区版のコラム最新6

瀬谷の生き物だより140

ショウジョウトンボ文:清水道夫(瀬谷環境ネット) 写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより140

9月16日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【6】

横浜とシュウマイと私

「チルドの祖も横浜発祥」

9月9日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【5】

横浜とシュウマイと私

「駅ナカ×中華街=横浜新名物」

8月26日号

瀬谷の生き物だより139

イカリモンガ 文・写真:中村多加夫(瀬谷環境ネット)

瀬谷の生き物だより139

8月19日号

瀬谷の生き物だより138

サトセナガアナバチ 文・写真:中村多加夫(瀬谷環境ネット)

瀬谷の生き物だより138

7月15日号

海岸ごみ問題に着目

SDGs瀬谷区から未来を考えるvol.4

海岸ごみ問題に着目

瀬谷西高校(中屋敷)

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook