瀬谷区版 掲載号:2021年7月15日号 エリアトップへ

サトセナガアナバチ 文・写真:中村多加夫(瀬谷環境ネット) 瀬谷の生き物だより138

掲載号:2021年7月15日号

  • LINE
  • hatena

 皆さんは、熱帯地域にエメラルドゴキブリバチという、宝石の様に青緑色で金属光沢の美しい蜂がいるのをご存じだろうか。綺麗な体に似合わずゴキブリの幼虫を捕える狩り蜂である。

 日本にもそっくりなサトセナガアナバチ(里背長穴蜂)がいる。セナガアナバチ科の蜂で本州以南に分布しており、名前の由来は背胸部が長い穴蜂で里に生息する事から命名された由。体長は雄が14mm、雌が18mm程で、エメラルドゴキブリバチと同様に綺麗な蜂である。

 狩り蜂のほとんどは毒針で獲物を仮死状態にして蜂自身の力で運ぶが、この蜂は毒液をゴキブリに注入し、触角を咥えてゴキブリを操り、巣穴に連れ込んで卵を産み付ける。この蜂に引かれて壁や木の幹を移動中に、蜂がゴキブリから離れてもゴキブリは逃げようとせずその場にとどまる。蜂がもどって来て触角を引くと再び歩き出す。このことから蜂に操られながらも、ゴキブリは自らの足で歩いていることが分かる。

 この時期、サトセナガアナバチは長屋門公園の庭で見られている。
 

瀬谷区版のコラム最新6

瀬谷の生き物だより140

ショウジョウトンボ文:清水道夫(瀬谷環境ネット) 写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより140

9月16日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【6】

横浜とシュウマイと私

「チルドの祖も横浜発祥」

9月9日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【5】

横浜とシュウマイと私

「駅ナカ×中華街=横浜新名物」

8月26日号

瀬谷の生き物だより139

イカリモンガ 文・写真:中村多加夫(瀬谷環境ネット)

瀬谷の生き物だより139

8月19日号

瀬谷の生き物だより138

サトセナガアナバチ 文・写真:中村多加夫(瀬谷環境ネット)

瀬谷の生き物だより138

7月15日号

海岸ごみ問題に着目

SDGs瀬谷区から未来を考えるvol.4

海岸ごみ問題に着目

瀬谷西高校(中屋敷)

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook