瀬谷区版 掲載号:2021年9月16日号 エリアトップへ

ショウジョウトンボ文:清水道夫(瀬谷環境ネット) 写真:中村多加夫(同) 瀬谷の生き物だより140

掲載号:2021年9月16日号

  • LINE
  • hatena

 夏のトンボと言えば草地等で多く見られる赤トンボを思う人が多いことだろう。この「赤トンボ」と言うのは特定の種類のトンボの名前ではなく、良く知られたアキアカネ等身体の一部が赤くなるトンボの仲間の総称である。

 その「赤トンボ」とは少し遠い種類で、眼玉まで真っ赤になるトンボが夏の水辺で見られる。ショウジョウトンボである。中国での想像上の怪獣ショウジョウ(猩々)の赤色に由来して名付けられた由。本種は5月頃から10月の始め頃まで見られる夏のトンボの代表的な一種である。平地から低山地の湿地や池などに生息し、体長は45mm程。雄は成熟すると全身真っ赤で脚や縁紋(翅の先端部分にある小さな長方形の紋)まで赤くなる。一方、雌は成熟しても黄褐色にしかならない。雄は水面に突き出た草や杭等に止まり雌を待ち伏せる。近くにシオカラトンボ等が飛来すると飛び立って追い払ったりもする。

 この時期、散策の途中に池や小流れがあったら覗いて見よう。今年最後のショウジョウトンボが見られるかも。
 

瀬谷区版のコラム最新6

花で地域に癒し

SDGs瀬谷区から未来を考えるvol.5

花で地域に癒し

瀬谷西高校

10月14日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【7】

横浜とシュウマイと私

「『ラー博』で名シュウマイを」

10月7日号

瀬谷の生き物だより140

ショウジョウトンボ文:清水道夫(瀬谷環境ネット) 写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより140

9月16日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【6】

横浜とシュウマイと私

「チルドの祖も横浜発祥」

9月9日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【5】

横浜とシュウマイと私

「駅ナカ×中華街=横浜新名物」

8月26日号

瀬谷の生き物だより139

イカリモンガ 文・写真:中村多加夫(瀬谷環境ネット)

瀬谷の生き物だより139

8月19日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook