瀬谷区版 掲載号:2021年10月7日号 エリアトップへ

パーキンソン病と闘いながらウクレレ演奏などの地域ボランティアに励む 高橋 正幸さん 下瀬谷在住 75歳

掲載号:2021年10月7日号

  • LINE
  • hatena

地元の輪に溶け込む

 ○…下瀬谷団地で見守りと助け合いを促す住民グループ「ふれあいネットワーク」や、下瀬谷地域ケアプラザのレコード整理ボランティアにパーキンソン病と闘いながら携わる。また、高校生の頃に始めたウクレレを地域の行事やサロンなどで披露することも。「『高齢者あるある』を歌詞にしたウクレレ漫談をやってます」。軽やかな南国の音色に独特なフレーズをのせて、住民に元気を届けてきた。

 ○…手足の動かしにくさや震えなどの症状が出るパーキンソン病と伝えられたのは50代後半。医師からは「10年後には寝たきりになる」と言われたが、現在も妻のサポートを受けながら地域活動に励む。「病気を理由にして家に引きこもるより、地域に出て活動したい」と人とのつながりを重視。コロナ前に仲間と老人ホームで演奏会を開いた際には、聴衆から激励の言葉を掛けられたことも。「好きなことを一生懸命続けてきて良かった」と笑う。

 ○…伊勢原市出身。米や柿などを作る農家に生まれた。高校卒業後は金融機関に47年間勤務。法人営業のほかに、瀬谷支店の立ち上げ準備にも携わった。区内には20代後半から暮らしているが、地域に出るようになったのは定年後だという。「入社直後に社内バンドを組んでウクレレを披露してきたけど、途中から仕事が忙しくて離れていた時期もあった」と振り返る。

 ○…ボランティアに加え、定年後は相撲甚句や囲碁にも挑戦するなど多趣味な面も。地元の輪の中に入りたいと活動を続けるも、まだ入りきれていないといい、「私のことを知らない人はまだ多い。ウクレレや下瀬谷団地のことなら高橋と言ってもらえるようになれたら」--。地域に溶け込むために歩み続ける。

瀬谷区版の人物風土記最新6

内田 隆雄さん

七夕灯篭祭りや見守り合いの集いに飾る灯篭を発案した

内田 隆雄さん

阿久和東在住 83歳

11月25日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月18日号

川尻 杏子さん

絵本「ぼくはチョココロネやさん」の絵を手がけた

川尻 杏子さん

阿久和東在住 44歳

11月11日号

伊藤 樹(たつき)さん

全国でフリースタイルフットボールのパフォーマンスを披露する

伊藤 樹(たつき)さん

下瀬谷在住 22歳

11月4日号

悠木 真湖さん(本名:加治真知子さん)

歌手生活15年を迎え、11月3日に瀬谷公会堂で「うた秋まつり」を開く

悠木 真湖さん(本名:加治真知子さん)

三ツ境在住

10月28日号

宮崎 和之さん

瀬谷区美術協会の初代会長を務める

宮崎 和之さん

橋戸在住 55歳

10月21日号

チョコのシュトーレン販売中

三ツ境のまちパン屋・ベーカリーサザンヴィラでお待ちしています。

http://southern-villa.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月25日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook