戸塚区版 掲載号:2011年7月28日号
  • googleplus
  • LINE

横浜を舞台としたジブリ映画「コクリコ坂から」の主題歌「さよならの夏」を歌う 手嶌 葵さん 24歳

優しさを真ん中に歌を届ける

 ○…「まっすぐ前を向いて歩いていく女の子をイメージしてほしい」。レコーディングの前、宮崎駿さんからこんなリクエストがあった。「コクリコ坂から」の主題歌「さよならの夏」は、その駿さんが「映画ができる前に主題歌が見つかった」と惚れ込んだ曲。森山良子さんが35年前に発表したドラマ主題歌のカバーだけに「プレッシャーはありましたが、新たに自分が表現できるものは何かと考えた時、優しさが真ん中に来ました」。強さと悲しみをたたえた歌の世界は、静かな感動を呼び起こす。

 ○…宮崎吾朗監督の初作品「ゲド戦記」で主題歌「テルーの唄」を歌いデビューしたのは5年前。憂いを帯びた歌声は大きな反響を呼んだ。それだけに再び舞い込んだ宮崎監督からのオファーを素直に喜ぶ。「デビューの時、家族や友人など自分を支えてくれる人たちがすごく喜んでくれた。今回もきっと喜んでくれると思う」。実はデビュー直後、環境の変化に歌うことが楽しめない時期もあった。そんな時考えたのは「まずは自分が楽しむこと。そして歌を聴いてくれた人を笑顔にしたい」ということだった。歌い手として、人間としての確かな成長が歌声に一層の深みを与えている。

 ○…主題歌以外にも2曲の挿入歌を歌う。「初恋の頃」は主人公2人がお互いを意識しあう重要なシーンで流れる。近づきたいのに近づけない、そんなもどかしい距離をむしろいとおしむような歌詞に「すごく共感できますね」。はにかんだような笑顔が印象的だ。

 ○…出身は福岡県。これまでにも写真撮影やライブで訪れたことのある横浜の印象は「レトロな空気があっておしゃれ。都会なのに空が広いところも好き」。8月21日には神奈川県立音楽堂(西区)でのコンサートを控える。キャリアのなかでも重要な曲の一つとなるであろう「さよならの夏」。その舞台とも言える横浜で、より多くの人に歌声が届くことを願っている。
 

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

4月28日(土) 社会ストレスと心臓血管病 参加無料

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6件

小林 君江さん

4月から戸塚区民文化センターさくらプラザの館長に就任した

小林 君江さん

4月5日号

平山 みつ子さん

多世代型住宅「戸塚の里」責任者で、地域との共同イベントを初開催する

平山 みつ子さん

3月29日号

堀内 潔さん

発足70周年を迎える市保健活動推進員会の戸塚区会長を務める

堀内 潔さん

3月22日号

酒井 茂さん

中学校の美術教諭として働くかたわら油彩画の個展を開く

酒井 茂さん

3月15日号

前田 利昭さん

NPO法人化10周年を迎える「ふらっとステーション・ドリーム」の理事長

前田 利昭さん

3月8日号

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

戸塚公会堂で音楽イベント「UNITY」を初開催する音楽アーティストの

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

3月1日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「タイル」素材のアート展

「タイル」素材のアート展

4月12日〜 さくらプラザ

4月12日~4月16日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク