戸塚区版 掲載号:2013年5月16日号
  • googleplus
  • LINE

自宅敷地に設置 子どものための文庫館

「あすなろ」(上)には、この日も子どもたちが集まってきた(5月8日、午後2時半頃)
「あすなろ」(上)には、この日も子どもたちが集まってきた(5月8日、午後2時半頃)
 「たのしい 本の へやに なりますように」――。

 地域の子どもたちに向けた利用案内文の最後に記しているのがこの言葉だ。

 矢部町1068にある「こども文庫あすなろ」(【電話】045・861・0723/不定休)は、同地に住む堀江宏子さん(71)が2011年12月、自宅敷地内に開いた、子どもたちのための文庫館。5〜6坪の敷地に建てられたログハウス風の館内には図鑑や少年文庫のほか、大人も読める書籍など、寄贈を受けたものも含む約3000冊が揃う。自由に出入りでき、本の貸し出しも行っている。

 小学校の元教諭で「本が好き、子どもが好き」という堀江さん。図書館が遠いこともあり、同じく教諭だった夫と「子らが独立したら、地域の子どもたちのための文庫館をつくりたいね」と老後の楽しみを語り合っていたという。

 夫は数年前に他界したが、一昨年、ついに2人の夢を叶えた。墓前では「(息子の)バックアップもあり、(開館)できるようになったよ」と報告した。

 5月8日、開館以来の来館者は述べ5800人を超えた。本を読みにくる子もいれば、遊びに来る子も。小学時代から通っていた中学生が「休ませて」と寄ることもある。友達同士で宿題をやりに来たという小学5年生の女児3人は「ここは落ち着く」「宿題がはかどりそう」と笑顔で話した。

 庭の芝生には、いつしか子どもたちが通る「道」もでき、「あすなろ道」と呼んでいる。「オープン2年半、開いて本当に良かった。子どもたちが来るのが楽しみ」

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

初音丘学園

幼稚園教育は「人生100年時代」における第一歩です。

http://hatsunegaoka.ed.jp/

ウィッグでがん患者さまを応援!

明和企画は、ストレスフリーなウィッグ「ブリリアントブリーズ」を紹介しています

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

7月26日号

女装した男たちが踊る

来年度に向けキックオフ

初心者向け写真講座

とつか美術会

初心者向け写真講座

7月26日号

植物科学を学べる1日

横浜市大舞岡キャンパス

植物科学を学べる1日

7月26日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

8月5日 公会堂で公演

8月5日~8月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「きょうは漢方の話」

    仁天堂薬局のコラム

    「きょうは漢方の話」

    【4】夏風邪は胃腸の手当を

    7月26日号

  • 男のおしゃれ学

    第210回

    男のおしゃれ学

    「チカンやセクハラに遭わない服装」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    7月19日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク