戸塚区版 掲載号:2014年1月23日号
  • googleplus
  • LINE

1月25日に戸塚区民文化センターで開催される寄席に出演する 柳家 小せんさん(本名・河野重信) 東京都在住 39歳

人を前向きにする笑い

 ○…「大学時代は仲間から『戸塚原住民』なんて呼ばれましてね」――。舞岡で生まれ育ち、高校は区外に通ったものの、大学で再び戸塚に戻った。住み慣れた故郷を離れて落語家として全国を駆け回る今も、声がかかれば区内の町内会やケアプラザで落語を披露している。「帰ってくるとホッとする」という地元での凱旋寄席。1月25日には戸塚区民文化センターで行われる寄席の出演を控える。

 ○…小学生のころ読んだ本がきっかけで落語に興味をもち、高校生になると学ランのまま足しげく寄席に通った。「おっさんが右や左に向いて話しているだけなのに、どんどん世界に引き込まれて」。テレビやラジオはもちろん、落語にまつわる本もあらかた読み尽くした青春時代。いよいよ将来の進路を決める時期を迎えても、落語の道を目指すことに一寸の迷いもなかった。しかし、実は学校では大人しく目立たない存在。自ら進んで話すタイプではなかったが、「周囲は落語家になったことに驚かないでしょうね。どこか奇妙な少年でしたから」。 

 ○…弟子入り先は学生時代に好きで通いつめていた落語家。アルバイトで蓄えた貯金で借りた4畳半一間のアパートに住み、毎朝師匠宅に通っては身の回りの世話をしたり、かばん持ちを務めて、着物のたたみ方や出囃子の太鼓の叩き方を教わったり。休みは一切ない厳しい下積み生活。それでも、「毎日師匠と同じ空気を吸って、人付き合いや礼儀、生き方を学ぶ。しんどいと思いませんでした」。

 ○…「どうせ生きるなら、同じ現象も楽しい方向から見て、世の中渡った方がいいじゃないですか」。笑うことで自ずと生き方も前向きになる――。話術に対する飽くなき探求心の源は、そんな客への思いだ。「伝統芸能と格式張らず、見終えた後で話の内容を覚えていなくても、なんか楽しかったと思ってもらえるような」。目指すのは、肩の力を抜いて楽しめる落語だ。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

初音丘学園

幼稚園教育は「人生100年時代」における第一歩です。

http://hatsunegaoka.ed.jp/

ウィッグでがん患者さまを応援!

明和企画は、ストレスフリーなウィッグ「ブリリアントブリーズ」を紹介しています

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6件

石田 隆さん

横浜市管工事協同組合の理事長に就任した

石田 隆さん

7月26日号

土井 芳枝さん

オリジナルのデコパージュ作品の展示会を開催している

土井 芳枝さん

7月19日号

原田 輝夫さん

7月22日にミニライブを行う、「尺八遊吹(ゆうふ)く会」代表の

原田 輝夫さん

7月12日号

相澤 稔さん

戸塚区連合町内会自治会連絡会会長に就任した

相澤 稔さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

三根 政信さん

自身が作詞作曲、振りつけをした「遊び歌」を歌うイベントを開催する

三根 政信さん

6月21日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

8月5日 公会堂で公演

8月5日~8月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「きょうは漢方の話」

    仁天堂薬局のコラム

    「きょうは漢方の話」

    【4】夏風邪は胃腸の手当を

    7月26日号

  • 男のおしゃれ学

    第210回

    男のおしゃれ学

    「チカンやセクハラに遭わない服装」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    7月19日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク