戸塚区版 掲載号:2014年10月30日号 エリアトップへ

公益社団法人日本けん玉協会戸塚支部、けん玉倶楽部「球翔(きゅうと)」代表の 中村 茂樹さん 深谷町在住 64歳

掲載号:2014年10月30日号

  • LINE
  • hatena

けん玉は平和の響き

 ○…「『あわてない』、『あせらない』、『あきらめない』。これはけん玉をやる時の鉄則。これを守りさえすればけん玉は上達する。また人生においても同じ事がいえる」――。11月8日(土)午後2時から午後4時30分にとつか区民活動センターで行われる、けん玉道入門の講師を務める。活動を「生涯スポーツとして健康増進」、「子どもたちの健全な心の発達の育成」と位置付け、けん玉の伝承、普及を目的として活動をしている。「けん玉は目、頭、身体を使うから機能回復のリハビリにも向いている、膝の動きが大事なんだよ」と一度けん玉の話になると夢中。

 ○…町工場で7年修行し、その後自動車のディーラーで車の整備士を25年、また車の登録関係を10年という経歴の中には結婚前は毎日浴びるほどお酒を飲み、二日酔いになりがら会社にいったという過去も。「そういう時代だった」とどこか哀愁が漂う。結婚した後は息子と娘の子宝に恵まれる。今は2人とも親元を離れて、孫ができ「時々けん玉を教える」と世代を超えた「けん玉コミュニケーション」になっている。

 ○…趣味はけん玉以外にも「広く浅く」をモットーに鉄道模型製作、そば打ち、油絵、ボランティア、サイクリング、釣りと多趣味。釣りについては「釣れればラッキー、釣りする時に飲むビールが至福の時」と目じりを下げる。趣味は気分転換であり、ストレス解消という。これからも新しいことにチャレンジしていく姿に変わりはない。

 ○…けん玉は認知症の予防にもなり、機能回復のリハビリ、根気の養成になると睨み、可能性を見出しけん玉を広める活動を続ける。広めていく上で「スポーツとして捉えて欲しい。仲間との連帯感もあるし達成感もある」と。「やる気のある人はできる方法を考える、やる気のない人はできない言い訳を考える」という言葉が座右の銘と話し、「けん玉の響きは、平和の響き」と締めくくった。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

田中 實さん

創立70年以上の歴史を持つ戸塚区美術協会の会長

田中 實さん

吉田町在住 84歳

10月14日号

かみや りんごさん(本名:神谷 美奈)

10月12日上倉田地域ケアプラザで育児のお話会を初開催する大きなりんごの会代表

かみや りんごさん(本名:神谷 美奈)

戸塚区内在住 44歳

10月7日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長に新たに就任した

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

9月30日号

中原 千晶さん

NPO法人こもれびroom理事としてとっとの芽「産前産後カフェ」の講師を務める

中原 千晶さん

戸塚町在住 44歳

9月23日号

塚本 雄貴さん

B3リーグのプロバスケットボールクラブ「横浜エクセレンス」に今季から加入した

塚本 雄貴さん

平戸町在住 24歳

9月16日号

小貫 和也さん

定年後から作家として活動する

小貫 和也さん

汲沢在住 82歳

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新 社会

  • 9月2日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

舞岡の粘土使用の陶器市

舞岡の粘土使用の陶器市

10月30日、31日 かねこふぁ〜む

10月22日~10月22日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook