戸塚区版 掲載号:2015年1月29日号 エリアトップへ

戸塚町にある横浜マイスター匠の里の代表を務める 石川 昇さん 栄区在住 59歳

掲載号:2015年1月29日号

  • LINE
  • hatena

「ハマの技能」が集う場に

 ○…横浜市では1996年度から、市民の生活・文化に寄与する優れた技能職者を「横浜マイスター」に選定している。NPO法人横浜マイスター友の会の副理事長、事務局長も務め、あらゆる側面から中心となりその活動を支援する。「マイスター自体の高齢化とそれを伝える人の高齢化が問題」とものづくりの技術伝道の問題に敏感に気を配る。技術を継承するための使命感を一身に背負い、その拠点としてオープンしたのが、「匠の里」。区民らを前に実際にマイスターの称号を持つ人が実演を行ったり、マイスターの作ったものや体に優しいものを食べることができたり。さまざまな伝統技術の結晶といえるコレクションが飾ってある。

 ○…活動内容としては、子どもたちから高齢者まで、マイスターの技術の普及を目的とした実演会を各地で開く。そこで企画から受付まで担い、コーディネートする。子どもたちが喜ぶような内容を準備すると、「楽しい」などの声を聞けるそう。子どもが椅子作りをした時に、素晴らしい出来栄えで賞を獲った。そのことで、「両親を含め周りの人が『そんな特技があったのか』と驚くような…、ものづくりを通してそんな新発見がうれしい」と無邪気に笑う。

 ○…幼少期は「独創的で、誰からも親しみやすかったかな」と満面の笑み。大学時代、本来学ぶべき場であるゼミ合宿では、人と人とのつながりが大事と主張し教授と連日飲み歩いたりと破天荒な一面も。趣味は「旅に出て、さまざまな日常に生かせることを発見すること」と童心に返ったように教えてくれた。

 ○…「マイスターが持つ技能の継承を止めてはいけない」。自身にそう言い聞かせて、やるなら「今でしょ」と飛び込んだこの世界。今後は「活動をさらに充実させ色々な分野に発展させていく」と意気込む。快活に笑いながらも、真剣な眼差しで今後の展望を語った。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

都筑区在勤 39歳

1月14日号

山口 幸文さん

区内の土を使い、作品作りや陶芸教室を行う

山口 幸文さん

戸塚町在住 69歳

1月7日号

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月1日号

白川 優希さん

12月22日に区民文化センターで無料の単独コンサートを開催する

白川 優希さん

品濃町在住 27歳

12月17日号

塚田 幹夫さん

初めてオンライン開催を行う「とつかお結び広場」の代表を務める

塚田 幹夫さん

秋葉町在住 70歳

12月3日号

古川 要作さん

自宅の玄関で小さな写真展を開く

古川 要作さん

原宿在住 81歳

11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク