戸塚区版 掲載号:2015年5月28日号 エリアトップへ

神奈川県合気道連盟理事長を務める 武田 義信さん 川上町在住 75歳

掲載号:2015年5月28日号

  • LINE
  • hatena

極めれば自然体

 ○…「合気道には勝ち負けがない。そういった括りをとり払って相手と調和し、一つになることが大事」と真直ぐな眼差し。現在は合気道研究会インターナショナルの代表も務め、一般の指導に加え指導者向けの講習も行う。アメリカ、オーストラリア、カナダ、チリなど世界各地にある各支部道場にもコンタクトを取り、開祖の創造した「流れ」を伝えている。自身の道場にも各国から指導を仰ぎにくるという。「外国人は合気道の精神を勉強してくるため、とても礼儀正しい」と感心した様子で話す。

 ○…約50年前に鎌倉に初めて道場を開き、以来、拠点を広げていった。東戸塚の道場は32年、アメリカは25年、オーストラリアは40年の歴史を持つ。この道に足を踏み入れて55年。「合気道をすると精神的にさっぱりする」との言葉にも重みが加わる。

 ○…幼い頃は群馬に疎開した経験を持ち、魚やカエル、鳥を追いかける毎日だった。「山、川、畑を駈け巡って遊んだね」と当時を懐かしむ。学校へは片道2時間かけて通った。陸上、剣道、水泳、バスケ、バレーなど、さまざまな競技に触れるスポーツ少年だった。現在の趣味は本を読むことや、畑で無農薬の野菜を作る事。「今の季節はゴーヤ、キュウリ、玉ねぎ、にんじんなどが収穫できる」と楽しそう。また、そこから微生物にも興味が派生し、土壌の質にもこだわりを持つようになったとか。好きな言葉は「ゆったりいこう、楽しくいこう」。「自然体が大事」との強い思いが込められている。

○…指導においては「あれこれ言わない。自分で探すものだから」と遠くを見つめる。今後は「合気道自然塾」という自然に囲まれた道場も開設予定だ。東戸塚の道場には76歳の女性も生徒として通う。もともとは転んだ事がきっかけで受け身を習いにきた。「そういった小さなきっかけも大切にして過ごしてもらえたら」と地域の人たちにメッセージを送った。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

中山 紀子さん

バドミントン選手として1972年のミュンヘン五輪金メダルなどで功績を残した

中山 紀子さん

汲沢町在住 76歳

12月5日号

掛川 隆さん

10月14日の「鉄道の日」に鉄道関係功労者として国土交通大臣表彰を受けた

掛川 隆さん

前田町在住 67歳

11月28日号

森 敬斗さん

ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1位で指名された

森 敬斗さん

青葉区在住 17歳

11月21日号

飯島 まゆみさん

11月23日「ピアノグランプリ2019受賞記念演奏会」に出演する

飯島 まゆみさん

名瀬町在住 60歳

11月14日号

伊沢 弘男さん

20周年を迎えたバンドグループ「カプア・アイランダース」のリーダーを務める

伊沢 弘男さん

下倉田町在住 74歳

11月7日号

鈴木 さなえさん

上矢部地区センターで11月9日にシャンソンのコンサートを行う

鈴木 さなえさん

上矢部町在住

10月31日号

増田 成之(しげゆき)さん

戦争反対の思いを込めた、大人向けの絵本「BLUE」を上梓した

増田 成之(しげゆき)さん

汲沢在住 93歳

10月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビッグバンドが登場

クリスマスコンサート

ビッグバンドが登場

7日 名瀬地域ケアプラ

12月7日~12月7日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク