戸塚区版 掲載号:2017年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

「えひめ国体 サッカー・少年男子」で優勝した神奈川県代表のメンバー 小倉 陽太(ひなた)さん 舞岡高校1年生 16歳

60分の出場を成長の糧に

 ○…先月、愛媛県で開かれた国体「サッカー競技・少年男子」(15歳・16歳)で優勝した神奈川県代表チームのミッドフィルダーとしてチームに貢献した。「スタメンにはなれず、大会4試合で正味グラウンドに立てたのは60分間だけ。この悔しさを忘れず、次に生かしてやろうと心に誓いました」。物静かな雰囲気からはかけ離れた、意志の強さを垣間見せる。

 ○…国体代表に選ばれたのは中学3年生の夏。所属する横浜FCのコーチから突然「決まったよ」と告げられたという。さらに絞り込まれ、最終的に残ったのは僅か16人だった。しかし、チームメイトは優秀な選手ばかり。ポジションを奪い合ったのも、日本代表選手だった。結果、国体では途中出場が多くなる。そんな中、記憶に刻まれる試合になったのが準決勝の大阪府戦。1対0で迎えた後半終了間際の5分間、フィールドを駆け回った。「命がけだった。ホイッスルが鳴ったときは『やり切った』と思いました」と笑顔を見せる。

 ○…幼稚園からサッカーを始め、小学校高学年時には周囲から一目置かれる存在に。中学から横浜FCに加入。ここで初めて挫折を経験する。「小学校とはレベルが違った。皆うまいんです」。ケガも重なり、急激にサッカーへの熱が冷めていく。危機を救ったのが付きっきりで指導してくれたコーチ陣だった。そこから背筋がピンと伸びたようにサッカーに取り組む姿勢が変化する。「以来、自分で物事を考えるようになった。気付くと飛躍的に技術が上がっていました」

 ○…舞岡高校はチームの先輩の勧めで入学した。「先生もクラスメイトも皆穏やか。楽しく過ごしています」。卒業後は大学に進学し、まず、日本でプロ選手として認知されることを目指す。その先に夢見るのがドイツでのプレーだ。「国体の60分間だけの出場を、今後の成長の燃料とする。まだまだレベルアップできます」。きっぱりと言い切った。

「新春の新講座」生徒募集中!

美術・書道・手芸・語学・音楽・パソコンなどの新講座。無料の体験講習も開催!

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

久保山墓地ご当選者の皆様へ

地元石材店だからこそできる特別キャンペーン。セットで59.5万円から

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6件

石川 秋子さん

こども食堂に寄付するためのチャリティコンサートを30日に初開催する

石川 秋子さん

1月18日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

1月11日号

安中 晶子さん

挿絵を担当した「海のなかまたちの童話」の原画展を開催する

安中 晶子さん

1月4日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月1日号

崔 美子(チェ ミジャ)さん

区役所で韓国文化を紹介する講座を開く

崔 美子(チェ ミジャ)さん

12月14日号

山本 拓海さん

12月10日からドバイで開催される「アジアユースパラ競技大会」に出場する

山本 拓海さん

12月7日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「食と子育て」映画で学ぶ

「食と子育て」映画で学ぶ

2月22日 さくらプラザ

2月22日~2月22日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク