戸塚区版 掲載号:2017年11月2日号 エリアトップへ

「えひめ国体 サッカー・少年男子」で優勝した神奈川県代表のメンバー 小倉 陽太(ひなた)さん 舞岡高校1年生 16歳

掲載号:2017年11月2日号

  • LINE
  • hatena

60分の出場を成長の糧に

 ○…先月、愛媛県で開かれた国体「サッカー競技・少年男子」(15歳・16歳)で優勝した神奈川県代表チームのミッドフィルダーとしてチームに貢献した。「スタメンにはなれず、大会4試合で正味グラウンドに立てたのは60分間だけ。この悔しさを忘れず、次に生かしてやろうと心に誓いました」。物静かな雰囲気からはかけ離れた、意志の強さを垣間見せる。

 ○…国体代表に選ばれたのは中学3年生の夏。所属する横浜FCのコーチから突然「決まったよ」と告げられたという。さらに絞り込まれ、最終的に残ったのは僅か16人だった。しかし、チームメイトは優秀な選手ばかり。ポジションを奪い合ったのも、日本代表選手だった。結果、国体では途中出場が多くなる。そんな中、記憶に刻まれる試合になったのが準決勝の大阪府戦。1対0で迎えた後半終了間際の5分間、フィールドを駆け回った。「命がけだった。ホイッスルが鳴ったときは『やり切った』と思いました」と笑顔を見せる。

 ○…幼稚園からサッカーを始め、小学校高学年時には周囲から一目置かれる存在に。中学から横浜FCに加入。ここで初めて挫折を経験する。「小学校とはレベルが違った。皆うまいんです」。ケガも重なり、急激にサッカーへの熱が冷めていく。危機を救ったのが付きっきりで指導してくれたコーチ陣だった。そこから背筋がピンと伸びたようにサッカーに取り組む姿勢が変化する。「以来、自分で物事を考えるようになった。気付くと飛躍的に技術が上がっていました」

 ○…舞岡高校はチームの先輩の勧めで入学した。「先生もクラスメイトも皆穏やか。楽しく過ごしています」。卒業後は大学に進学し、まず、日本でプロ選手として認知されることを目指す。その先に夢見るのがドイツでのプレーだ。「国体の60分間だけの出場を、今後の成長の燃料とする。まだまだレベルアップできます」。きっぱりと言い切った。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

福士 三夫さん

自宅で珍しい実のつく苗木セットを配布している

福士 三夫さん

上矢部町在住 74歳

5月19日号

宇田川 真乃さん

4月から「エフエム戸塚」でセーリングや海の魅力を伝える

宇田川 真乃さん

港南区在住 23歳

5月12日号

大森 洋太郎さん

大型の切り絵や水彩画、ペン画など芸術性の高い作品を生み出し続ける

大森 洋太郎さん

矢部町在住 78歳

5月5日号

中村 美恵子さん

今年20周年を迎えた「みんなの手話ダンスフラワー東戸塚」の代表を務める

中村 美恵子さん

品濃町在住

4月28日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

4月21日号

向山 康三さん

さくらプラザで年1回、写真展を開催するヨコハマセブンフォトの会長を務める

向山 康三さん

港南区在住 70歳

4月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook