戸塚区版 掲載号:2018年2月15日号 エリアトップへ

かながわシニア起業家ビジネスグランプリ2018で「ベストプラン賞」を受賞した 平沼 芳彩さん 下倉田町在住 59歳

掲載号:2018年2月15日号

  • LINE
  • hatena

新たな人生、「箸」に見出す

 ○…県が55歳以上の人の起業プランを表彰する「シニア起業家グランプリ」のプラン部門で最高賞を受賞した。正しい箸使いを広めようと、事業プランには、講習イベント開催や、子どもの成長に合わせたサイズの箸の使用提案と、製造・販売方法を盛り込んだ。原点には「和食が世界に認知されているのに、食べるのに欠かせないお箸には皆無頓着なのは何故だろう」という素朴な疑問がある。「箸が使えない小学生は8割、親の世代でも7割という状況。ここにシニア世代の活躍の場があるはず」と語る。

 ○…「伝統を教えるのはおばあちゃんの仕事」という考えから、孫が生まれた10年前に和文化を学び始めた。その後礼法講師として活動してきたこともあり、他人の箸の使い方が気になり始めたという。「10年来の”うるさい箸ばあさん”です」と笑う。還暦の節目を見据え、新たな人生を考えたとき頭に浮かんだのも箸だった。「箸の使い方の普及に取り組む人は少ないので、イチバンになれると思った」。その考えを形にするため昨年、箸づくりのワークショップを中心とした活動組織を設立した。

 ○…「和文化の伝承者は物静かでおしとやか」。そんなイメージを壊すかのようなアクティブさが魅力的。普段はジーパンをはき、箸づくりの際は電動工具を使いこなす。こうした気質は25年に渡る営業職時代が影響している。「成績さえ良ければ時間も自由に使える。娘が学校から帰る時間に家にいてあげられた」。何とか時間を作ろうと工夫を凝らした経験が今に生きる。

 ○…人の手の大きさや筋力により、適切な箸のサイズは異なる。筋力低下で箸が持てない高齢者でも、箸を太く短くするだけで使い続けることができるという。一方で、市販の箸のサイズは細分化されておらず、だからこそ「手作り箸」の可能性は大きく、ビジネスチャンスも見いだせる。「これからも普及のために突っ走りたい」と力強く語った。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

2月20日号

東郷 なりささん

桜並木をテーマにした絵本「さくらがさくと」を上梓した

東郷 なりささん

平戸町在住 32歳

2月13日号

志駕(しが) 晃(あきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕(しが) 晃(あきら)さん

横浜市在住 57歳

2月6日号

佐々木 太一さん

全日本マスターズレスリング選手権大会フレッシュマンズ30〜45歳の部・100kg級で優勝した

佐々木 太一さん

秋葉中学校教諭 29歳

1月30日号

カチョ カルドーソさん

横浜スペイン語センターで語学講師を務め、ギタリストとして活躍する

カチョ カルドーソさん

上倉田町在勤 54歳

1月23日号

藤井 謙宗(けんそう)さん

(株)横浜スタジアムの代表取締役社長として今年、五輪会場の管理運営を担う

藤井 謙宗(けんそう)さん

53歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク