戸塚区版 掲載号:2018年3月29日号 エリアトップへ

多世代型住宅「戸塚の里」責任者で、地域との共同イベントを初開催する 平山 みつ子さん 汲沢在住 64歳

掲載号:2018年3月29日号

  • LINE
  • hatena

目標は「おせっかい大家さん」

 ○…20代から90代の住人が、交流や見守りをし合いながら暮らす集合住宅「戸塚の里」。このほど地域の団体と共同で、交流イベントを初開催する。「支えてくれた地域への感謝を込めて、多くの人が楽しめる場にしたい」と意気込む。

 ○…核家族や独居高齢者が多くなる中、隣近所が協力し合う「長屋」のような場所を作ろうと、この住宅を立ち上げた。住人は、その方針に共感した若い夫婦や、単身高齢者など様々。一人暮らしに不安を感じていたある若者は、気軽に相談し合える関係を結べたという。住宅内には誰でも利用できる食堂も設置し、交流の輪を広げている。経営面での苦労もあるが、「昔からやりたかったことだったので、楽しい。おせっかいな大家さんでいたいの」とチャーミングな笑顔をさらにほころばせる。

 ○…青森県の実家では父が肉屋を経営。手伝いをした経験が、現在の事業経営にもつながっているという。同住宅の運営母体「企業組合労協センター事業団」に入ったのは約20年前。子育てがひと段落し「何か資格を取りたい」と思っていた頃、自宅の郵便受けに同団体が主催するヘルパー講座の案内チラシが入っていた。「他の案内が入っていたらそっちを選んだ。本当にたまたま」という。その後、受講した仲間とともに訪問・通所介護などを行う組織を発足。所長も務め、利用者の声をたくさん聴く中で、多世代型住宅の必要性を感じるようになった。「事情があって高齢者住宅に住めない人もいる。戸塚の里が、新しい形の”終(つい)の棲家(すみか)”になれば」と期待を込める。

 ○…12年前に夫を亡くし、本当の孤独感を知り、同時に仲間や知人の大切さ知ったという。子どもが巣立ち、一人暮らしの自宅は寂しいが、だからこそ「大家さん」でいることにやりがいを感じる。「おかげさまで1周年。イベントを機に、もっと地域に親しまれて交流が広がるような場所にしていきたい」

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

2月20日号

東郷 なりささん

桜並木をテーマにした絵本「さくらがさくと」を上梓した

東郷 なりささん

平戸町在住 32歳

2月13日号

志駕(しが) 晃(あきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕(しが) 晃(あきら)さん

横浜市在住 57歳

2月6日号

佐々木 太一さん

全日本マスターズレスリング選手権大会フレッシュマンズ30〜45歳の部・100kg級で優勝した

佐々木 太一さん

秋葉中学校教諭 29歳

1月30日号

カチョ カルドーソさん

横浜スペイン語センターで語学講師を務め、ギタリストとして活躍する

カチョ カルドーソさん

上倉田町在勤 54歳

1月23日号

藤井 謙宗(けんそう)さん

(株)横浜スタジアムの代表取締役社長として今年、五輪会場の管理運営を担う

藤井 謙宗(けんそう)さん

53歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク