戸塚区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

大正ミニバス 歴史積み重ね半世紀 県内で最も古い発足

スポーツ

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena
交流試合した卒業生と現役生
交流試合した卒業生と現役生

 大正小学校を拠点とする「大正ミニバスケットボールクラブ」が創立50周年を迎え、4月20日に同校で式典が催された。県内のミニバスチームでは最も古い1970年に発足して以来、全国大会優勝などの歴史を積み重ねてきた。

 同クラブは70年9月に、大正小学校の児童約20人で「大正スーパー☆スターズ」として発足。以来関東大会や全国大会優勝などの実績を残しつつ、現在までに約800人がプレー。卒業生には、Bリーグ(男子プロリーグ)やWリーグ(女子実業団トップリーグ)をはじめ、大学や実業団で活躍する選手も多い。

 式典には歴代の指導者や卒業生約200人が参加。午前中は30歳以下の卒業生と現役選手による交流試合が行われたほか、午後には交流会が行われた。同クラブの内田慎司監督は「県内では最も古いチームとして歴史を重ねてきた。今後も皆さんと力を合わせて盛り上げたい」と話した。

泉野氏、大きな貢献

 同クラブは、当時大正小の教師を務めていた泉野孝之さんが立ち上げた。当初は体育館にゴールが一部しかなかったため、玉入れのカゴを代用したり、旧校舎の廃材でゴールを手作りするなどして練習していたという。

 73年には大正小から深谷小、深谷台小が独立するとともに深谷チームが結成され交流試合が行われるように。翌74年には泉野さんが理事長となり「戸塚区ミニバスケットボール連盟」を結成し、区大会を開催するなど区のミニバス振興に貢献してきた。泉野さんはその後も市連盟、県連盟の立ち上げにも尽力している。

 同クラブにとっての大きな転機は74年、全国大会への男女初出場だ。結果は惨敗。反省をふまえそれ以降は全国のトップチームと積極的に交流し、技術はもちろん食育や礼儀にいたる指導体制を作り上げていった。7期卒業生の矢貝哉子(ちかこ)さんは「毎日の朝練が思い出。失敗しても最後まで取り組む』など、精神面や生活面で鍛えてもらったことも多い。その後の人生の基本になっている」と振り返る。また泉野さんは「私は種をまいただけ。ここまで育ててくれた多くの人に感謝をしたい」と話した。

式典に参加した泉野さん
式典に参加した泉野さん

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

区内全小学校で「周年給食」

区内全小学校で「周年給食」 教育

地場産食材で郷土愛育む

6月13日号

高齢者事故が増加傾向

戸塚区内

高齢者事故が増加傾向 社会

全体の発生件数は減少

6月13日号

「障害児の母」から「私」へ

小雀町小林さん

「障害児の母」から「私」へ 社会

自分らしさフラで見つける

6月6日号

外国人10万人超え

横浜市

外国人10万人超え 社会

多言語相談など支援強化

6月6日号

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 教育

コールセンター開設も

5月30日号

「絵本コンサート」続け20年

矢部町在住ピアニスト西本さん

「絵本コンサート」続け20年 文化

生の音で感性育てる

5月30日号

全国への切符手に入れる

舞岡中野球部

全国への切符手に入れる スポーツ

市大会で優勝果たす

5月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歩いて学ぶ「戸塚の歴史」

歩いて学ぶ「戸塚の歴史」

7月13日 上倉田町周辺

7月13日~7月13日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第222回

    男のおしゃれ学

    「口は災いの元」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    6月13日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク