戸塚区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

(PR)

お盆特別インタビュー 「3世代」に寄り添う医療を 戸塚ファミリークリニック 齋藤院長

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena

 「患者さんの不安を取り除き、心に寄り添う優しい医療を」――。そう穏やかに話すのは、戸塚ファミリークリニックの齋藤智明院長だ。同院は内科・外科・小児科をはじめ、胃腸の疾患などに対応。つねに誠実さを忘れず、全力で向き合う齋藤院長の思いに迫った。

* * * * * *

 これまで大学病院で消化器疾患や外科を中心に、医学の知識と治療の技術を培ってきた齋藤院長。今年5月、その豊富な経験を生かそうと、戸塚駅西口近くのビル内に新規開院した。「戸塚区には親戚が住んでいたり、医大時代の先輩が活躍していたり……深い縁を感じ、この地に決めました」

「医師である前にひとりの親」

 運営する上で大切にしているのは「家族みんなのかかりつけ」であること。「子どもが風邪を引いて移されてしまった」という場合、親子または祖父母・孫ともども病院を探し回ったり、長時間待ったりするのは負担が大きいため、「3世代がそろって診察が受けられるクリニックをめざします」と齋藤院長は語る。

 対応する症状は、風邪やけがはもちろん、中高年に多い高血圧や糖尿病、子どもを中心に流行している手足口病など多種多様。「私も医師である前に子を持つ親。家族の体調が悪いと心配になる気持ちはよく分かるので、一人ひとりが元気になれるよう、手を差し伸べたい」と熱を込める。

負荷軽減の検査を提案

 同院が特に注力するのが「消化器疾患」の治療だ。胃がんや胃潰瘍のリスクを高める「ピロリ菌」の除菌に積極的に取り組んでおり、眠ったまま受けられる「経口型」と細い管を鼻へ通して喉への刺激を軽減させる「経鼻型」の2種類を用意。「一人ひとりの身体的・精神的な負荷を考慮した上で適切な方を提案します」

24日に無料健康相談会

 「最近お腹が痛い」「夏バテかも…」「虫刺さされで皮膚が腫れてきた」などといった地域住民に向け、無料健康相談会を8月24日(土)、戸塚公会堂で行う。午後1時30分から午後2時30分の間で、ひとり約15分。これはフラダンスイベントとのコラボ企画で、齋藤院長は「時間がある方はダンスも一緒に楽しんで頂ければ」と話している。

※お盆明けは19日(月)から診療開始。詳細は電話へ

奇麗で清潔感のある院内
奇麗で清潔感のある院内

戸塚ファミリークリニック

神奈川県横浜市戸塚区戸塚町99 ポルテさくら301号

TEL:045-443-9788

https://totsuka-family-clinic.com/

戸塚区版のピックアップ(PR)最新6

「薬局で可能なコロナ対策」

仁天堂薬局のコラム

「薬局で可能なコロナ対策」

【9】処方箋、受付中です

5月28日号

住まい・くらしのサポートセンター「オーケストライフ戸塚・泉・栄」

弁護士・税理士・司法書士等 11の士業団体でコーディネート

住まい・くらしのサポートセンター「オーケストライフ戸塚・泉・栄」

地元の各業種のプロが団結

5月28日号

サイン見逃さないで

サイン見逃さないで

梅雨・台風対策忘れずに

5月28日号

「共に学ぶ仲間が力に。明るく別人のように成長」

軽度知的・発達障がい者を支援

「共に学ぶ仲間が力に。明るく別人のように成長」

横浜健育高等学院で高卒資格取得のその先へ

5月21日号

ドライブスルーで販売

本まぐろ直売所(横須賀市)

ドライブスルーで販売

「訳ありセット」大放出

5月21日号

あらゆるシワに若返りの注入治療

「老け顔・疲れ顔にアプローチ」―症例5万4千件を突破 プレミアムPRP皮膚再生療法 Q&A

あらゆるシワに若返りの注入治療

5月14日号

総合内科を開設

困ったらまず最初に受診すべき診療科として、 「総合内科」を開設しました。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第232回

    男のおしゃれ学

    「いい女といい男」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    5月21日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク